MENU

カードローンおすすめ人気比較ランキング21選【2023年保存版】即日・低金利の人気商品を徹底比較!

カードローンの中には「最短25分で借入可能」や「金利が半額」など、好条件な商品が数多く揃っています。

今すぐお金を借りる必要がある方のために、人気のカードローンの中から特におすすめの20枚をピックアップしました。

本記事では、たくさんのカードローンの中から自分に最適な1枚を選ぶ方法、家族や会社等どなたにも確認が入ることなく利用する方法、カードローンの審査に通るコツなど、今日からのカードローンに役立つおすすめ情報をご紹介していきます。

ページ概要

カードローンおすすめ人気比較ランキング21選

スクロールできます
カードローンプロミスSMBCモビットアイフルORIX MONEYアコムレイク三菱UFJ銀行カードローン三井住友銀行カードローン楽天銀行スーパーローンオリックス銀行カードローンJCB CARD LOAN FAITH
カード券面プロミスSMBCモビットアイフルアコムレイクALSAバンクイック三井住友銀行カードローン楽天銀行カードローンオリックス銀行カードローンJCB-CARD-LOAN-FAITH
融資早さ最短25分最短30分最短25分最短即日最短30分Webで最短25分融資も可能※最短翌営業日最短即日1週間程度最短3日
金利4.5%~17.8%3.0%~18.0%3.0%~18.0%2.9%~17.8%3.0%~18.0%4.5%~18.0%1.8%~14.6%年1.5~14.5%年1.9%~年14.5%1.7%~17.8%4.4%~12.5%
無利息期間はじめての方30日間はじめての方30日間はじめての方30日間はじめての方180日間※
借入限度額最大500万円最大800万円最大800万円10万円~800万円最大800万円最大500万円10~500万円10万円~800万円100万円10~800万円500万円
対象年齢18~69歳20〜74歳20~69歳20~69歳成人以上20〜70歳20〜65歳20〜69歳20〜62歳20〜69歳20〜58歳
WEB完結
公式サイトプロミスSMBCモビットアイフルアコム

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

ランキング根拠:2022年8月期ブランドのイメージ調査(おすすめしたいカードローンNo.1)
調査機関:日本マーケティングリサーチ機構
調査期間:2022年7月15日~2022年8月23日、n数:702/調査方法:Webアンケート
備考:本調査は個人のブランドに対するイメージを元にアンケートを実施し集計しております。本ブランドの利用有無は聴取しておりません。効果効能等や優位性を保証するものではございません。得票数が僅差の競合あり。

1位【プロミス】利便性と審査スピードで顧客満足度No.1!

プロミスカードローンのおすすめポイント

  • オリコン顧客満足度調査4年連続で第1位!
  • 来店不要で最短1時間融資!
  • 30日間利息0円!
金利4.5%~17.8%
無利息期間30日間
限度額500万円
WEB完結
対象年齢18~69歳
審査スピード最短15秒で事前審査回答
融資スピード最短25分
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料○自社・三井住友銀行は無料
アプリ
参考:プロミス

プロミスカードローンは、最短30分のスピード審査で急ぎの借入に対応しています。

申込から借入までアプリで完結できる「アプリローン」が100万ダウンロードを突破するなど、利便性の高さから若い世代にも大人気!

50万円以下の借入なら、本人確認書類のみで簡単に申し込むことができます。

プロミスでは期間限定で「6,000円相当のVポイントプレゼント」キャンペーンを実施中でキャンペーン中は積極的に融資を行っていると考えられるため、申し込むなら今が狙い目です!

プロミスの公式サイトはこちら⇒

2位【SMBCモビット】Tポイントが貯まって返済に使える!

SMBCモビットのおすすめポイント

  • 簡易審査は10秒で結果がわかる!
  • 返済しながらTポイントが貯まる!
  • 最短で即日融資に対応!
金利3.0%~18.0%
無利息期間なし
限度額800万円
WEB完結
対象年齢20歳以上74歳以下
審査スピード最短30分
融資スピード最短即日
収入証明書
ATM手数料無料
三井住友銀行は無料
アプリ
参考:SMBCモビット

SMBCモビットのカードローンは、WEB申込をしてからコールセンターに電話をすることで最速で借入可能。
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちの方はWEB完結できます。

無利息期間がないというデメリットがありますが、返済するごとにTポイントが貯まり、なおかつ返済に利用できるのがメリットです。Tポイントユーザーに特におすすめです。

SMBCモビットの公式サイトはこちら⇒

3位【アイフル】在籍確認の電話なしで最短25分融資

アイフルカードローンのおすすめポイント

  • 融資スピードがどこよりも速い!
  • 在籍確認の電話なし!
  • 最大30日間利息0円!
金利3.0%~18.0%
無利息期間30日間
限度額800万円
WEB完結
対象年齢20~69歳
審査スピード最短25分
融資スピード最短25分※
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
自社ATM無料
アプリ
参考:アイフル

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

アイフルは、家族等確認が入ることなく借りたい方に最もおすすめできるカードローンです。

アイフル公式サイトに「原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。」と明記されているので、プライバシーが気になる方も安心して利用できます。

スマホにアプリを入れておけば、カード不要でATMが利用できるだけでなく、利用状況もひと目でわかります。利便性と審査の通りやすさで選ぶなら、アイフルがおすすめです。

アイフルの公式サイトはこちら⇒

4位【オリックス・クレジット】ORIX MONEYはカードレスでスマホ完結

ORIX MONEYのおすすめポイント

  • 最短60分で審査結果が分かる!
  • カード発行なしで家族の確認が心配な方に!
  • 会員限定で各種優待を受けられる!
金利2.9%~17.8%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜69歳
審査スピード最短即日
収入証明書50万円以下は不要
郵送物なし
アプリ
参考:オリックス・クレジット

ORIX MONEYは最短60分のスピード審査で、契約後すぐにアプリを使って借入できるカードレスのカードローンです。

オリックスマネーには、これまでのカードローンと一味違ったサービスが付いています。

オリックスレンタカーやカーシェア・カーリースなどオリックスグループのサービスを優待価格で利用できるので、普段から利用がある方に特におすすめです。

5位【アコム】WEBで簡単3秒診断!最短即日融資

アコムカードローンのおすすめポイント

  • 最短30分で審査回答!
  • 24時間ネットで借入&返済OK!
  • 30日間金利0円サービス!
金利3.0%~18.0%
無利息期間30日間
限度額800万円
WEB完結※在籍確認が行われる場合がございます
対象年齢成人以上
審査スピード最短30分
融資スピード最短即日
収入証明書50万円以下は不要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
ATM手数料無料
自社ATM無料
アプリ
参考:アコム

「はじめてのアコム」でおなじみのアコムは、借り方や手続きが分かりやすく、初心者に向いているカードローンです。

アコムは大手消費者金融の中で審査通過率がトップクラスなので、はじめての方も安心です。

アコムのメリットは、24時間いつでも手持ちの口座に振込を受けられること。

たとえば楽天銀行の口座を持っている方なら、曜日に関わりなく最短1分で振込が実施されます。

アコムの公式サイトはこちら⇒

6位【レイク】お借入れ額5万円まで180日間無利息

レイクのおすすめポイント

  • 無利息期間が最長180日!
  • WEBなら最短15秒で審査結果を表示!
  • 21時までに手続き完了でWebで最短25分も可能!
金利4.5%~18.0%
無利息期間30日~180日
限度額500万円
WEB完結
対象年齢20歳〜70歳
審査スピード最短15秒
融資スピードWebで最短25分も可能※
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
自社・SBI新生銀行は無料
アプリ
参考:レイク

レイクは、都合に合わせて選べる無利息サービスがあります。

  1. WEB申込限定で、借入全額60日間利息0円
  2. 借入額のうち5万円まで180日間利息0円

無利息期間を最長30日までとする消費者金融が多い中で、レイクはサービスが充実しています。無利息期間を活用して早めに返済すれば、利息負担をかなり軽減でき結果的に低金利になります。

レイクのカードローンは少額の借入をしたい方に、メリットが大きい商品です。

※初めてなら初回契約翌日から無利息 ※無利息期間経過後は通常金利適用。 ※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。 ※ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。 ≪60日間無利息の注釈≫ ※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。 ※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。 ※契約額1万円~200万円まで ≪30日間無利息の注釈≫ ※契約額1万円~500万円まで ※Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息 ※Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できる ≪貸付条件≫ 融資限度額 1万円~500万円 貸付利率 4.5%~18.0% ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方 遅延損害金(年率) 20.0% ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング ご返済期間・回数 最長5年、最大60回 必要書類 “運転免許証 ※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 担保・保証人 不要 ※商号:新生フィナンシャル株式会社 ※貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

7位【三菱UFJ銀行】カードローン「バンクイック」は低金利&WEB完結

バンクイックのおすすめポイント

  • ATM手数料&振込手数料が無料!
  • 口座がなくても申込OK!
  • 銀行ならではの低金利!
金利1.8%~14.6%
限度額10~500万円
WEB完結
対象年齢20歳〜65歳
融資スピード最短翌営業日
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
自行・提携ATM無料
アプリ
参考:三菱UFJ銀行

バンクイックは、パソコン・スマホ・アプリから24時間いつでも申込OK!

パートやアルバイトの方も安定した収入があれば申込可能です。

おすすめはアプリで申し込む方法。書類提出をアプリ内で完結できるだけでなく、利用可能額や次回返済日もひと目で分かるようになっています。

リニューアルされたバンクイックのアプリは、生体認証でログインできるなど利便性もUPしていますよ!

8位【三井住友銀行】普通預金キャッシュカードで使えるカードローン

三井住友銀行カードローンのおすすめポイント

  • 審査回答と融資は最短翌営業日!
  • 全国ATM手数料0円!
  • 10秒で借入診断ができる!
金利1.5%~14.5%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜69歳
融資スピード最短翌営業日
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
自行・提携ATM無料
アプリ
参考:三井住友銀行

三井住友銀行カードローンの特徴は、普通預金のキャッシュカードで借入できることです。

すでに三井住友銀行の口座をお持ちの方は、WEB完結で申込でき、審査結果が出たらすぐに借入できるのでメリットが大きいですね。

もちろん現時点で三井住友銀行の口座を持っていなくても申込OK。

契約時に発行されるローン専用カードを使って、コンビニやゆうちょATMなどで借入可能です。

9位【楽天銀行】スーパーローン特典で最大31,500ポイントプレゼント!

楽天銀行カードローンのおすすめポイント

  • 金利半額キャンペーン実施中!
  • WEB申込で最短翌日融資!
  • ボーナス時の増額返済OK!
金利1.9%~14.5%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜62歳
融資スピード最短翌日
収入証明書100万円以下は不要
ATM手数料無料
提携ATM無料
アプリ
参考:楽天銀行

楽天銀行スーパーローンは、「金利半額」や「ポイントプレゼント」など、とにかく特典が充実しているカードローンです。

金利半額キャンペーン中に申し込むと、なんと上限金利が7.25%!どこよりも安い金利で借入可能です。

月々の返済額は2,000円という少額から設定できるので、無理なく返済を続けられますね。

お金に余裕がある時には多めに返済する事も可能なので、使い方次第で利息負担をかなり軽減できます。

10位【オリックス銀行】来店不要&口座開設不要のカードローン

オリックス銀行カードローンのおすすめポイント

  • ガン保証特約付きプランあり!
  • 提携ATM手数料終日0円!
  • WEB完結対応!
金利1.7%~17.8%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜69歳
融資スピード
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料◎提携ATM無料
アプリ
参考:オリックス銀行

オリックス銀行カードローンは、銀行カードローンにしては金利が高いイメージがありますが、ガン保障特約を付けられるという他にないサービスがあります。

ガンと診断確定された時の借入残高と保険金が同額の場合、保険金が借入残高に充当されるため返済不要になります。万が一に備えたい方におすすめのカードローンです。

専用のアプリはありませんが、LINEで契約内容を確認することができます。

11位【JCB】カードローン FAITHは最大2.5月分の利息をキャッシュバック!

JCBカードローン FAITHのおすすめポイント

  • WEB入会なら最短即日で審査結果が分かる!
  • キャッシング1回払いは年利5.00%!
金利4.4%~12.5%
限度額500万円
WEB完結
対象年齢20歳〜58歳
融資スピード最短3日
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料〇月3回まで無料
アプリ
参考:JCB

JCBカードローン FAITHは低金利で利用できるカードローンです。

学生・パート・アルバイトの方は利用不可となっているため、申込条件をしっかり確認する必要があります。

審査スピードが早く、融資確定後は手持ちの口座に振り込んでもらうことができるためとても便利!安定した給与収入がある方は、利用を検討してみると良いでしょう。

12位【みずほ銀行】普通預金のキャッシュカードで使えるカードローン

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント

  • 利息全額キャッシュバックキャンペーン実施中!
  • 24時間WEB完結申込!
  • 返済は月々2,000円から!
金利2.0%~14.0%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜66歳
融資スピード翌営業日以降
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
アプリ×
参考:みずほ銀行

みずほ銀行カードローンを利用するなら、WEB申込がおすすめ!WEB申込限定で、利息全額キャッシュバックを受けられます。

みずほ銀行の口座を持っていない方は普通預金口座を開設する必要がありますが、WEB申込なら口座の同時申し込みが可能です。

みずほ銀行の普通預金口座のキャッシュカードをお持ちの方は、カードローン口座を開設後、手持ちのキャッシュカードでそのまま利用することができます。

13位【auPAY】スマートローンはWEB完結&最短即日融資!

au PAY スマートローンのおすすめポイント

  • 審査最短30分!
  • 最短即日融資!
  • au PAY 残高に直接チャージでPontaポイントが貯まる!
金利2.9%~18.0%
限度額100万円
WEB完結
対象年齢20歳〜70歳
融資スピード最短即日
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料×
アプリ
参考:auPAY

「au PAY」はQRコードでお支払いができるコード決済サービスのこと。

au PAY残高にダイレクトチャージして、お買い物すればPontaポイントが貯まっていきます。

もちろん口座振込による借り入れにも対応していて、スマホがauじゃない方も利用可能です。

au PAY スマートローンの新規申込&借入で、最大2,000 Pontaポイントがプレゼントされます!

14位【オリックス・クレジット】VIPローンカードは審査が最短60分!

VIPローンカードのおすすめポイント

  • 最高800万円でゆとりの融資!
  • 最短60分審査・最短即日で借りれる!
  • 会員限定の優待サービスあり
金利1.7%~17.8%
限度額30~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜69歳
融資スピード最短即日
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料×
アプリ
参考:オリックス・クレジット

オリックス・クレジットのVIPローンカードは、まとまったお金が必要な時にスピーディーに借入できる商品です。

VIPという名前の通り、会員限定でリゾートホテルやレストランを優待価格で利用できます。

ただし審査は慎重に行われるため、すでに複数の借入がある方や、収入が安定しない方には向いていないでしょう。
希望借入額と、他社での利用残高の合計が100万円を超える場合は収入証明書が必要です。

15位【イオン銀行】安心の低金利&WEB完結のカードローン

イオン銀行カードローンのおすすめポイント

  • 郵送不要でご家族の確認が心配な方に!
  • いつでも何度でもATM手数料0円!
  • 申込から契約までWEB完結!
金利3.8%~13.8%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜65歳
融資スピード審査完了後5日程度
収入証明書必要
ATM手数料無料
アプリ×
参考:イオン銀行

イオン銀行カードローンは、審査スピードはそれほど早くないものの、審査に通れば低金利で借入できます。

イオン銀行普通預金口座を持っていれば、ローンカードを受け取る前に振込融資を受けることも可能!

普段からイオン銀行を使っている方は、イオン銀行ATMの利用にも慣れているので、返済もスムーズに済ませることができるでしょう。

16位【東京スター銀行】スターカードローンαは30日間利息0円!

スターカードローンαのおすすめポイント

  • 最大1,000万円まで借入可能!
  • 来店不要でWEB完結!
  • 自動融資サービスの付帯可能!
金利1.5%~14.6%
無利息期間30日間
限度額10~1,000万円
WEB完結
対象年齢20~69歳
審査スピード記載なし
融資スピード記載なし
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料×
アプリ×
参考:東京スター銀行

東京スター銀行が提供する「スターカードローンα」は、融資額の幅が広いため高額融資に対応しています。

商品説明に審査スピードについての記載がなく、審査には時間がかかることが予想されるため、急ぎの方には向いていないかもしれません。

他のカードローンにない特徴としては、自動融資のサービスがあること。返済用預金口座が残高不足になった時に自動で融資を行い、公共料金等の滞納を防ぎます。

ちなみに、自動融資サービスなしの場合の商品名は「スターカードローンβ」となります。

17位【auじぶん銀行】借り換え対応・スマホ完結のカードローン

auじぶん銀行カードローンのおすすめポイント

  • リボ払いからの借り換えOK!
  • au IDをお持ちの方は金利優遇あり!
金利1.48%~17.5%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜70歳
融資スピード
収入証明書60万円以下は不要
ATM手数料無料◎提携ATM無料
アプリ×
参考:auじぶん銀行

auじぶん銀行カードローンは、安定継続した収入があればOKなので、自営業・パート・アルバイトでも申込可能です。au IDをお持ちの方には「カードローンau限定割」が適用され、年0.5%の金利優遇を受けることができます。

申込から契約までスマホで完結でき、利用明細書などの郵送もないのでプライバシー面でも安心して利用できます。

18位【セブン銀行】ローンサービスは最短2日で借入可能!

セブン銀行カードローンのおすすめポイント

  • 借入まで最短2日のスピード融資!
  • アプリで申し込みも口座開設も完結!
  • ATM手数料が無料!
金利15%
限度額初回は50万円
WEB完結
対象年齢20歳〜70歳
融資スピード最短2日
収入証明書不要
ATM手数料無料◎提携ATM無料
アプリ
参考:セブン銀行

セブン銀行ローンサービスは、はじめて利用する時は限度額が50万円までと決まっているので、借りすぎる心配がありません。

ローンサービスの申込には、セブン銀行の口座が必要です。まずは「Myセブン銀行」というアプリをダウンロードしましょう。

アプリを使って申し込んだ場合には、最短2日で借入できるということなので、審査スピードも利便性も好条件といえます。

19位【住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローンのおすすめポイント

  • 金利が1.59~14.79%と低金利!
  • 利用限度額が最大1,200万円と高額!
  • 申込~返済までスマホですべて完結できる
金利1.59%~14.79%
限度額スタンダードコース:10~700万円
プレミアムコース:10~1,200万円
WEB完結
対象年齢20歳〜65歳
融資スピード翌営業日以降
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料WEB・ATM共に無料
アプリ
参考:住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行が提供するカードローンは、融資限度額が700万円のスタンダードコース、最大1,200万円まで借りられるプレミアムコースに分かれています。

銀行は消費者金融カードローンと比較しても高額な融資限度額が設定されている傾向にありますが、1,200万円は銀行としてもかなり大きな数字です。高額な融資を受けたい方であれば有力な候補になるでしょう。

毎月の返済額は前月末の借入残高によって計算され、10万円程度の借入であれば毎月2,000円の少額返済も可能です。

また、利息以外の余計なコストがかかりにくい点もメリットです。

入会金・年会費はもちろん、WEBからでもATMからでも借入・返済手数料がかかりません。

20位【ソニー銀行】 カードローン

ソニー銀行カードローンのおすすめポイント

  • 初回にかぎり、ローンカードが届く前に振込してもらえる
  • 上限金利が13.8%と銀行としても安い部類
金利2.5%~13.8%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜65歳未満
融資スピード最短翌日以降
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
アプリ
参考:ソニー銀行

ソニー銀行カードローンは、2.5~13.8%という低金利(年率)で借入できるカードローンです。

「初回振込サービス」を提供している点に特徴があり、ローンカードを受け取る前に振込での借入が可能です。

初回振込サービスを利用しないとローンカードを受け取って現金を借りるために約7~10日かかるところ、初回振込サービスならカードを待たずに借入することができます。

初回限定のサービスとはいえ、融資スピードをカバーできるので利便性が向上します。

また、月に4回の引き出しまでコンビニ手数料が無料という点も魅力的です。

少額を何度も借りたい場合にネックになりがちな手数料が無料になるため、金利の安さもあって返済総額を安く抑えることが可能になります。

21位【りそな銀行】 カードローン

りそな銀行カードローンのおすすめポイント

  • アプリを使った手続きなら最低限の入力だけで完了する
  • 繰り上げ返済もアプリを使ってワンタッチで可能
金利3.5%~13.5%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜66歳歳未満
融資スピード最短翌営業日以降
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
アプリ
参考:りそな銀行

りそな銀行カードローンは、アプリを活用することで効率的に申し込み・返済が可能なカードローンです。

アプリでは氏名などの重要な情報が自動で連携されるため、必要最低限の情報のみで申し込むことができます。

毎月の返済額や返済状況の確認もアプリなら簡単にでき、りそな銀行の口座残高とセットで確認できて便利です。

アプリを通じて返済予定が通知されるため、「口座に入金を忘れていて返済できなかった……」というポカミスを防止することもできます。

住宅ローンとの同時利用で金利が年0.5%引き下げられる特典もあり、りそな銀行をメインで使っている方ならぜひ検討をおすすめします。

カードローンの賢い選び方~即日・低金利・審査で比較

条件の良いカードローンがたくさんあると、その中から1枚を選ぶのって難しいですよね。

迷った時は、自分がいちばん重視するポイントを決めておくことで、自分にぴったりな一枚を選ぶことができます。

具体的には、以下の4つの中から1つを選んでおくと良いですよ。

  1. 即日お金借りたい
  2. 低金利で借りたい
  3. 利便性を大事にしたい
  4. 審査の通りやすさで選びたい

それぞれの条件にマッチするカードローンを詳しく見ていきましょう。

即日で借りるなら消費者金融カードローン

とにかくスピード重視でカードローンをお探しの方は、消費者金融カードローンがおすすめ。

大手の消費者金融なら、申し込みをしたその日に借入することが可能です。

たとえばアイフルは最短25分、プロミスは最短60分という驚異的なスピードで融資を行っています。

カードローン融資スピード
プロミス最短1時間
アコム最短即日
アイフル最短25分
レイクWebで最短25分融資も可能
SMBCモビット最短即日

最短スピードで借りるコツは、WEB申込で、営業時間内に申し込むことです。

営業時間外に申し込むと、審査の回答と融資が翌日以降になってしまうので注意しましょう。

無利息期間の活用で低金利に

消費者金融は銀行カードローンより確かに金利が高めの設定ですが、無利息期間を活用することで金利負担を軽減できます。

無利息期間とは、金利0円で借入できる期間のこと。

大手消費者金融では、平均30日間無利息のサービスを行っています。

借入してから30日以内に全額返済すれば、利息負担0円!

カードローン無利息期間
プロミス30日間
アコム30日間
アイフル30日間
レイク30日~180日※
SMBCモビットなし
※借入額のうち5万円まで180日間利息0円

無利息期間内に全額を返済することは難しくても、なるべく多くの金額を返済しておくことで、その後の利息負担を軽減できます。

借入期間を短くすれば利息負担が軽減

返済計画を立てる時には、借入期間をできるだけ短く設定するようにしましょう。

借入期間が長ければ長いほど、利息総額が高くなるからです。

たとえば借入額10万円を、半年~2年かけて返済する場合の利息総額は以下のようになります。

借入期間月々返済額総返済額利息総額
6ヶ月17,542円105,252円5,252
12ヶ月9,158円109,896円9,896
18ヶ月6,371円114,678円14,678
24ヶ月4,982円119,568円19,568

※年率17.8%で計算

10万円を2年かけて返済すると、最終的に約2万円の利息が発生します。

決して小さくはない数字ですね。

月々の返済額が家計を圧迫しないように注意しつつ、なるべく短期間で完済することで利息負担を軽減できます。

低金利と安心を重視するなら銀行カードローン

銀行カードローンは審査スピードの面では消費者金融に劣りますが、低金利で借入できるのが大きなメリットです。

低金利で借入できればそれだけ利息負担が少ないということなので、長期的な借入にも向いています。

銀行と消費者金融の一般的な金利を上限金利だけで比較してみると、以下のようになります。

上限金利

銀行12.5~14.6%
消費者金融17.8~18.0%

銀行の方が、年4~5%も金利が低いことが分かりますね。

銀行によっては消費者金融に近い金利で貸し付けを行っている所もあるので、事前に商品説明をよく読んでから申し込むことが大切です。

消費者金融を利用するのは抵抗があるという方でも、銀行のカードローンなら安心感がありますね。

とにかく低金利で借りるならろうきんカードローン

ろうきんでは年利4~9%程度の低金利でカードローンを発行しています。

たとえば中央労働金庫では、生協会員の組合員と同一生計家族に対して金利の引き下げを行っており、年4.0~7.2%で借入可能!

好条件なろうきんのカードローンですが、申込条件は一般のカードローンよりも厳しめになっています。

  • ろうきんに出資のある団体会員の構成員
  • 営業エリアに自宅または勤め先がある
  • 同一勤務先に1年以上勤務している
  • 安定継続した年収が150万円以上ある

低金利で借入できる分、銀行カードローンよりさらに慎重に審査が行われることになります。

審査スピードも1週間~2週間は見ておく必要があるため、急な出費には不向きではありますが、とにかく低金利でカードローンを利用したい方は利用を検討してみても良いかもしれません。

普段利用があるなら信用金庫のカードローン

普段から信用金庫を利用している方には、信用金庫のカードローンという選択肢があります。

銀行カードローンと同じくらいの低金利で借入可能です。

信用金庫のカードローンは、WEBで申込や審査ができても、契約時には来店が必要になるケースが多いです。日常の生活範囲に店舗があるのであれば、来店するのもそれほど苦にはならないでしょう。すでに口座を開設済であれば、よりスムーズに手続きを進める事ができます。

信用金庫のカードローンには、いくつかの注意点があります。

  • 営業区域内に住んでいるか勤務していないと申込不可
  • 融資まで時間がかかる
  • 契約時に来店が必要
  • 口座開設が必要

信用金庫のカードローンは、すでに口座開設済で店舗が近くにあり、急ぎの融資ではないという場合には検討する価値があるでしょう。

審査通過率が高いのは消費者金融カードローン

審査の通りやすさで選ぶなら、消費者金融のカードローンがおすすめです。

ろうきん・銀行・信用金庫のカードローンは低金利なのがメリットですが、審査通過率が低いのがデメリット。
審査結果が分かるまで長い時間待ったのに、結局審査に落ちた……という事もあり得ます。

消費者金融カードローンは、借りすぎなければ審査に通る可能性が最も高いカードローンです。

特に何らかのキャンペーンを実施している商品は融資に積極的であると考えられるので、キャンペーン中に申し込むのがおすすめです!

カードローンの審査に通るコツ

カードローンの審査で好印象を残す3つのコツをご紹介します。

①収入や他の借入を正直に記載する

審査ではその方が信頼できる方かどうかが見られます。

ですから、申込をする時に収入を多めに書いたり、他の借入があるのに隠したりするのはNGです。

収入や勤続年数などの属性をすぐに変えることはできませんが、申込書に正直に記載することは誰にでもできますね!

②初めての借入は少なめに

はじめて申し込む時からたくさん借入しようとすると、「かなりお金に困っている方」という印象を残してしまいます。

お金を貸す側の立場になって考えると、貸し倒れのリスクがある方に対してはお金を貸したいと思いませんね。自分の収入に対して、借入希望額が多くなりすぎないように注意が必要です。

はじめての借入は最小限に抑えるようにしましょう。

③毎月確実な返済で返済能力をアピールする

審査の際には、返済能力も重点的に見られます。

これまでクレジットカードや各種ローンを利用した事があるなら、これまでの支払いに延滞がないかどうかが重要なポイントになってきます。

これからカードローンを利用するなら、返済期日を守り毎月確実な返済を続けましょう。

そのようにして返済能力をアピールすることで、今後の増額審査や新たな借入に備えることができます。

カードローンのご家族の確認が心配な方におすすめの使い方

WEB完結対応なら郵送物が届かない

ほとんどのカードローンが、WEBで申込から契約まで完結できる「WEB完結」に対応しています。

WEB完結対応の商品なら自動契約機に出向く必要がなく、郵送物なしで利用できるため人目を気にする必要がありません。

消費者金融郵送物なし
プロミス
アコム
アイフル
レイク
SMBCモビット

注意点
WEB完結できる商品の中にも、契約後にローンカードが郵送される商品があるため、郵送物の有無を事前に確認するようにしましょう。

銀行カードローンの中では、三井住友銀行とみずほ銀行のカードローンがおすすめ。

三井住友銀行とみずほ銀行カードローンは、普通預金口座のキャッシュカードで借入できます。

ローン専用カードを持つ必要がないので、プライバシーが気になる方も安心です。

アプリがあるなら活用しよう

アプリで完結できるカードローンは、カードレス対応なのがメリットです。

ローンカードを持たなくても、アプリを使って借入や返済ができるので、スマホひとつあればOK!

とても便利で今の時代にも合っていますね。

アプリの使いやすさは実際どうなのか、ストア評価を見てみましょう。

消費者金融評価(5段階)
appleストア
評価(5段階)
GooglePlay
アイフル4.74.5
アコム4.73.8
SMBCモビット2.83.7
プロミス2.63.1
レイク2.62.7
※2022年5月現在

評価とレビューともに満足度が高かったのは、アイフルのアプリでした。

操作が簡単なことと、動作不具合が少ないことから「使いやすい」という声が多かったです。

銀行カードローンの中では、三菱UFJ銀行「バンクイック」のアプリ評価が高かったです。

レビューを参考にしつつ、デザイン性や使い心地などは実際に試してみるのが良いですね!

在籍確認や会社連絡なしでお金借りるには

カードローンの審査の際には、基本的に在籍確認が行われます。

在籍確認とは、申込者の職場に電話して、本当にそこで働いているかを確認することをいいます。

できれば在籍確認なしで借りたい……と思っている方が多いのではないでしょうか。

会社ご家族の確認が心配な方におすすめなのが、アイフルのカードローンです。

アイフルは在籍確認なしって本当?

アイフルは、「原則職場への電話確認なし」を公言しているカードローンです。

在籍確認をしない理由について、アイフルの公式サイトには

電話をせずとも「働いているかどうか」を確認する仕組みが整っているからです。
参照:カードローン審査の在籍確認なしは可能?職場へ電話する理由と確認の流れ (aiful.co.jp)

という記載がありました。

アイフルは基本的に書類による在籍確認が行われるので、まわりに知られる可能性が最も低いカードローンといっても過言ではないでしょう。

家族に利用が知られない銀行カードローンは

カードローンの利用が家族に知られるとしたら、以下の原因が考えられます。

  1. 郵送物が自宅に届く
  2. 自動契約機の利用を目撃される
  3. カードを持っているのが知られる

上記の3つの原因は、WEB完結&カードレスの銀行カードローンを選ぶことで回避できます。

ローンカードの発行なしでアプリ利用できるタイプのカードローンや、普通預金口座のキャッシュカードで借入できるタイプの銀行カードローンがベストです。

三井住友銀行カードローンは家族に知られる?

三井住友銀行の普通預金口座を持っている方は、手持ちのキャッシュカードで借入可能なので家族に知られにくいカードローンです。

24時間WEB完結に対応しているため来店不要で、審査に通ったらキャッシュカードを使って銀行やコンビニATMからすぐに借入できます。

三井住友銀行カードローンは、本人確認書類を提出してから最短翌営業日に審査結果の連絡を受けることができます。銀行系カードローンの中では審査スピードが早いのでスムーズに借入できる点もメリットの一つです。

家族バレ・会社バレを防ぐなら消費者金融カードローン

カードローンの利用を家族や同僚に知られたくない方は、電話連絡や郵送物がないカードローンがおすすめです。

カードローンの審査では申込者が勤務先に本当に在籍しているかを確かめる「在籍確認」を行いますが、基本的に会社への電話がけで確認が行われます。

個人名でかかってくるうえ、電話に本人が出るか「〇〇は席を外しています」等の回答があれば在籍確認は完了しますが、周囲にカードローン利用がバレる可能性はゼロにはなりません。

そこでおすすめしたいのが「書類での在籍確認」に対応したカードローンです。

消費者金融など一部のカードローンでは「原則として」電話による在籍確認を行わず、書類による確認を行っています。

【書類による在籍確認に対応しているカードローンの例】
・アイフル
・レイク
・SMBCモビット(WEB完結申し込みの場合)

このようなカードローンを選べば職場に電話連絡が(原則)来ないため、周囲バレの可能性をグッと抑えることができます。

また、「WEB完結」に対応したカードローンなら自宅に契約書や利用明細が郵送されないため、家族バレを防ぐことができます。

カードローンの基礎知識

カードローンは銀行や消費者金融が提供している正規の金融サービスなのですが、「何となく怖い」と敬遠されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、安易に利用することはおすすめできませんが、商品の中身を知ったうえで利用すれば非常に便利なサービスです。

ここからは、「カードローン」という商品の基本的な内容を紹介します。

そもそも「カードローン」とは?

「カードローン」の特徴を、初心者の方でも分かりやすく箇条書きにまとめてみました。

【カードローンの特徴】
担保・保証人が不要借入限度額まで何度でも借りられる使用目的は(原則として)自由

カードローンは銀行や消費者金融が提供している、個人向けの融資サービスのことです。

今ではカードなしでも借入できますが、以前は「ローンカード」を使ってATMから現金を借入していたことからそう呼ばれています。

お金を借りる目的は基本的に自由であり、契約時に定められた「利用限度額」の範囲内であれば何度でも借入できます。

目的が自由なローンとしては他にも銀行の「フリーローン」がありますが、フリーローンは1度借入した後は返済するのみの商品です。

少額を何度も借りたい人にとっては、カードローンが適しています。

カードローンの審査基準は?

カードローンは申し込めば誰でも利用できるわけではなく、所定の審査を通過する必要があります。

その前に、まずは「申し込み条件」を満たさないと審査を受けること自体ができません。

【カードローンの申し込み条件】
・年齢要件
・安定した収入があること

年齢要件としては、「成年であること」が求められます。

最低限18歳になっていないと申し込むことができません。民法の改正で18歳が成人と定められたためで、17歳以下の人はそもそも申し込むことが不可能です。

また、年齢要件を満たしていても無職やギャンブラーの人は申し込むことはできません。

正社員やアルバイト、パート、自営業など、何らかの仕事で毎月安定した収入を得ていることが申し込みには必要です。

上記の条件を満たした人が金融機関・貸金業者による審査を受け、通過できれば融資を受けることができます。

審査内容や審査通過の基準の詳細は公開されていませんが、主にチェックされるのは以下のような項目です。

カードローンで審査される主な項目

属性年収・勤務先・勤続年数など、収入の安定性をチェックされる
他社借入情報他社で借りすぎていないか(消費者金融では全社合わせて『年収3分の1』が限度)
信用情報過去の金融商品の利用で延滞などの問題を起こしていないか

即日で借りるなら消費者金融カードローン

カードローンを利用する目的は人それぞれですが、中には「1秒でも早くお金を借りたい!」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

すぐにでも借りたい場合、選択肢になるのは「消費者金融」です。

銀行カードローンは確かなブランドで安心感があって金利も低いですが、即日融資には対応していません。

2018年から銀行ではローンの申し込みを受けた際、警察庁の「暴力団情報データベース」にアクセスして情報を取得することが義務付けられています。

参考:一般社団法人全国銀行協会|反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について

このデータベース確認作業は1日では終わらないため、2023年現在は銀行で即日融資を受けることができません。

一方、消費者金融は銀行ではないため、データベースへのアクセス義務がありません。

現在でも最短即日で融資を受けることができるので、急ぎであれば消費者金融を選択しましょう。

カードローンを選ぶ際に把握したいポイント

冒頭でおすすめのカードローンを厳選して紹介しましたが、それでも20社以上も候補があります。

自身に合う1社を選ぶには、カードローンの選び方・絞り込み方を知っておくことが重要です。

ここでは数ある中から自身に合うカードローンを選ぶ方法を紹介します。

融資までのスピード

ひとくちにカードローンといっても、審査から融資までにかかる時間はそれぞれ異なります。

前述のとおり「銀行は最短即日融資ができない」、「消費者金融は最短即日融資が可能」という違いがあります。

また、同じ「消費者金融」「銀行」という分類であっても、融資までにかかる最短時間はそれぞれ異なります。

銀行カードローンは「融資まで最短1週間程度」かかるのが一般的ですが、なかには「最短で翌営業日の融資」に対応している銀行もあります。

最短翌営業日なら、即日でなくても他のメリット次第で利用したいと感じる人は多いでしょう。

金利の低さ

融資を受ける側からみて、注目度が高いのが「金利」でしょう。

カードローンでは「3.0~18.0%」という形で下限金利と上限金利が示されていますが、初回利用では多くの場合で上限金利が適用されます。

下限金利と上限金利の両方をチェックしておきたいところですが、特に「上限金利」には力を入れてチェックしておきたいところです。

なお、金利のみの比較でいえば「銀行カードローン」が有利です。

金融機関一般的な金利(実質年率)
銀行カードローン3.0~18.0%程度
消費者金融カードローン2.0~14.5%程度

「金利が多少高くても最短即日融資を取る」

「数日~1週間は待てるから低金利なローンを希望する」

申込者の希望によって、利用できるカードローンは変わってくるでしょう。

利用限度額の大きさ

カードローンは、契約時に設定できる利用限度額まで自由に借入できる商品です。

利用限度額は年収や返済能力が加味されるので「上限額が大きい業者なら多く借りられる」というわけではありません。

とはいえ、将来的に高額融資を受ける可能性があるなら、融資限度額が高めの業者を選択することも検討しましょう。

業者ごとに利用限度額はバラバラですが、消費者金融と銀行では以下のように異なります。

金融機関一般的な利用限度額
銀行カードローン500~800万円程度
消費者金融カードローン800~1,000万円程度

申し込みのしやすさ

カードローンを選ぶ際は、「申し込みが簡単か」という点もチェックしましょう。

カードローンによって利用できる申し込み方法はバラバラですが、主に以下の方法があります。

【カードローンの主な申し込み方法】
・WEB(パソコン・スマホ)
・ローン契約機
・郵送
・電話
・店舗窓口

基本的には、自宅で手続きが完了する「WEB」での申し込みが便利です。

また「WEB完結」を選択できるのであれば、自宅にローンカードや契約書が届くこともありません。

自分に合っていて、かつ手続きが簡単なカードローンを選ぶと効率的に申し込みを終わらせることができるでしょう。

返済のしやすさ

カードローンを利用した場合、長期間に渡って少額ずつ返済していくことになります。

毎月のことですから、少しでも便利に返済できるカードローンを選ぶべきです。

【カードローンの主な返済方法】
・ATM
・口座振替
・インターネットバンキング
・振込

もしATMを利用するなら、手数料がかからないカードローンがおすすめです。

多くの銀行カードローンでは自社ATMはもちろん、セブン-イレブンやローソンなどに設置されたATMを使っても手数料がかかりません。

一方、口座振替の場合は返済日をいくつかの候補から自由に選べるかどうかを確認しておきましょう。

自身の給料日のあとに返済日がくるように調整できるカードローンであれば、わざわざ返済日直前に入金する必要がありません。

カードローンの金利(利息)の計算方法

毎月の返済額や利息額はカードローンの公式サイトで一覧表が掲載されていますが、自分で計算することもできます。

計算方法を理解しておけば、納得して利用できるのではないでしょうか?

カードローンは日割りで利息が発生する仕組みであり、利息の計算方法は以下のとおりです。

利息=借入金額×実質年率(金利)×借入日数÷365日

たとえば金利18.0%で10万円を30日借りた場合の計算式は以下のとおりです。

10万円×18.0%×30日÷365日=1,479円

消費者金融カードローンと銀行カードローンの違い

消費者金融と銀行カードローンの違いは、金利・審査スピード・審査の厳しさです。

比較項目消費者金融銀行
金利△高い◎低金利
審査スピード◎最短即日△ゆっくり
審査の厳しさ〇柔軟×厳しい

消費者金融カードローンと銀行カードローンは、どちらも使い道自由で返済方法も同じです。

利息を支払いながら期日までに返済するという仕組みは同じですが、適用される金利や審査の通りやすさには違いがあります。

メリット・デメリットを比較

消費者金融カードローンと銀行カードローンには、それぞれメリットとデメリットがあります。

カードローンは一度利用したら長期的に利用を継続することもあるので、納得できる方を選ぶようにしましょう。

メリット
消費者金融
メリット
銀行
最短即日で借入できる低金利で借入できる
柔軟な審査を受けられる銀行という安心感がある

消費者金融カードローンのメリットは、審査スピードと審査の通りやすさです。

急な出費で困っている方や、審査に不安を残したくない方に向いています。

アプリのデザイン性や使いやすさも向上しているので、利便性を重視する方にもおすすめです。

銀行カードローンのメリットは、やはり低金利で借入できる事です。

利息の支払いは少ないに越したことはないですよね。長期的な借入を希望する方は銀行カードローンがおすすめです。

デメリット
消費者金融
デメリット
銀行
金利が高い審査に時間がかかる
総量規制がある審査が厳しい

マイナスイメージがあるデメリットですが、事前に把握しておけば、何らかの対策を取ることができます。

消費者金融は金利が高いというのは周知の事実ですが、無利息期間を上手に活用したり、なるべく短期間で完済することで利息負担を軽減できます。

総量規制という法律により、年収の3分の1までしか借入できないことが気になっている方もいますが、「使いすぎを防ぐことができるので安心!」と考えることもできますね。

銀行カードローンはじっくり審査するため、融資実行までに1週間程度かかることもあります。

融資までの時間に余裕がある場合には、銀行カードローンの利用を検討することができるでしょう。

銀行カードローンが低金利な理由

銀行カードローンが金利を低く設定できる理由は、保証会社がついているからです。

保証会社の役割は、債務者が返済不能になった時に、代わりに返済すること。

つまり貸し倒れのリスクを負うのは、銀行ではなく保証会社ということになります。

銀行は保証会社に審査や運営を代行してもらうことでリスクヘッジを図っているため、低金利での融資が可能になっています。

消費者金融は貸し倒れのリスクを自社で負うため、金利が高めの設定になっているという事ですね。

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違いはほとんどありませんが、取り扱っている業者が異なります。

  • カードローン
    消費者金融や銀行が提供する個人向けの融資
  • キャッシング
    クレジット会社などが提供するカード機能の一つ

カードローンが借入に特化した商品であるのに対し、キャッシングはクレジットに付帯した機能で、クレジットカードを利用してお金を借入できます。

「限度額の範囲内で繰り返し借入ができる」という点ではどちらも同じです。

カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンは、特徴が大きく異なる商品です。

  • カードローン
    審査によって定められた融資額の範囲内で何度も借入できる
  • フリーローン
    借入は1回のみで、追加で融資を受けたい時には再度申し込みが必要

カードローンはフリーローンより自由度が大きく、追加借入が可能です。

特に使い道が決まっているわけではないが、都合に合わせて利用したいという方にはカードローンが向いています。

決まった金額だけを1度限り借り入れて、確実に返済したい方にはフリーローンが向いています。

複数の借入を1本化するならおまとめローン

おまとめローンとは、複数社からの借入を一本化するローンの事です。

1つの金融機関から融資を受けて他社のローンをすべて返済し、その後は融資を受けた金融機関に返済をしていきます。借入をまとめることで、「返済日の管理がしやすくなる」、「金利が下がる」などのメリットがあります。

女性向けのレディースカードローンおすすめ8選

カードローンの中には、女性専用の商品が少なくありません。

本人に収入があればもちろん申込できますし、専業主婦の方でも少額なら借入できる場合があります。

スクロールできます
プロミスアコムアイフルベルーナ
ノーティス
イオン銀行楽天銀行PayPay銀行横浜銀行
商品名レディースキャッシング働く女性のカードローンSuLaLi女性のためのレディースローン輝く女性サポートローンスーパーローンカードローンカードローン
金利4.5%~17.8%3.0%~18.0%3.0%~18.0%4.5%~18.0%3.8%~13.5%1.9%~14.5%1.59%~18.0%年1.5%~14.6%(変動金利)
専業主婦××××
審査最短30分最短30分最短25分最短30分1~2週間翌日以降最短60分最短翌日
公式公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

専業主婦の方の中には、旦那さんに内緒でカードローンを利用したい方もいることでしょう。

そんな方におすすめなのは、楽天銀行スーパーローンです。

楽天銀行スーパーローンは、「60歳以下」で「利用限度額50万円」を条件にして専業主婦の方にも融資を行っています。

実際に利用した方の口コミから、審査に柔軟であることが分かります。

「専業主婦で無職の私でも作れたので収入が無くても比較的審査が通り易いカードなんだと感じました。特に本人確認とかもなかったです。」
参照:口コミサイト

専業主婦の方でも借入できるということは、パートやアルバイト等による収入があれば審査に通る確率がさらに上がりますね!

女性に優しいサービスの消費者金融カードローン

初めてのカードローン利用が不安な女性の方には、消費者金融が提供している「レディースローン」がおすすめです。

一般的なカードローンとサービス内容は変わりませんが、「電話応対で女性スタッフが対応してくれる」というメリットがあります。

お金の悩みを異性に相談することが恥ずかしい方でも、同性のスタッフになら安心して相談できるのではないでしょうか?

カードローンのデザインも女性向けの可愛いものが多く、他人に見られてもカードローンのカードであるとはバレにくくなっています。

また、一部の女性向けローンに関しては「専業主婦でも借りられる」というサービスが付帯しているものもあります。

代表例が「ベルーナノーティスのレディースローン」で、配偶者の年収の3分の1までの融資を受けることができます。

配偶者貸付とは、貸金業法に準えたお手続きによりご本人様と配偶者様の合算年収の3分の1までお借入れが認められるご契約です。ベルーナノーティスを含む貸金業者からのお借入れの場合、貸金業法の総量規制が適用されるため、お借入上限額はご本人様の年収の3分の1までとなります。

引用元:ベルーナノーティス|配偶者貸付とは

配偶者に秘密にすることはできませんが、専業主婦でも借りられる道があるというのは魅力的でしょう。

最短25分・即日融資のカードローンおすすめ5選

即日融資を希望している方には、大手消費者金融の利用がおすすめです。

申込前に、年齢・年収・他社借入額・雇用形態などを入力するだけで数秒で借入診断を行うことができます。実際に申し込む前にある程度の目安を知ることができるので安心感がありますね。

カードローン簡易診断融資スピード
プロミス15秒最短25分
アコム3秒最短即日
アイフル1秒最短25分
レイク15秒Webで最短25分融資も可能※
SMBCモビット10秒最短即日
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

銀行・信用金庫・ろうきんなど各種カードローンがある中で、

申し込んだその日に融資を受けられるのは消費者金融カードローンだけです。

即日融資を受けやすくするコツは

即日融資を受けやすくするコツは、営業時間内に申し込むことです。

営業時間外や、営業時間のギリギリの時間帯に申し込むと、審査が次の日に持ち越されることも。

平日の早い時間帯に申し込むのが安心ですね。

申込にあたって記入する項目が多くありますが、記入漏れがないようにすることも大切です。

不明な点がある場合は電話で問い合わせて、確実に全項目を埋めてから申し込むようにしましょう。

学生におすすめのカードローンと注意点

学生の方がカードローンを利用するためには、アルバイトなどによる安定した収入が必要です。

プロミスは対象年齢が18歳からとなっていますが、「現在仕事をしていること」が条件に含まれています。

金融機関学生が利用できるかについて
プロミス現在お仕事をされている場合、主婦や学生の方も、審査のうえご契約いただけます。
アコム成人以上(高校生を除く)の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。
アイフル満20歳から69歳までの方で、お仕事されている方でしたらどなたでもお申込みいただけます。
レイク満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方 (パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。
SMBCモビット20歳以上74歳以下の安定した定期収入のある方。
アルバイト、パートの方も利用可能です。
三菱UFJ銀行 バンクイック学生の方、ご本人に収入がなく配偶者に収入のある方もお申し込みいただけます。
三井住友銀行満20歳以上、満69歳以下の方。原則安定した収入の方。
みずほ銀行ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方。
・安定かつ継続した収入の見込める方。

銀行カードローンの中で学生の利用について具体的な記載があるのは、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」です。消費者金融より審査は慎重になる事が予想されますが、もし借入できれば低金利でカードローンを利用できるのでメリットが大きいですね。

いずれにしても、学生が本業のうちは収入が限られているため、お金借りるとしても少額に抑えるようにしましょう。

カードローンについてのQ&A

消費者金融に危険性はないの?

消費者金融は、賃金業法という法律に則って個人向けの融資を行っている業者のことです。

闇金と呼ばれる違法な業者と混同しがちですが、全く別物なので消費者金融でお金を借りること自体に危険はありません。

ただし、無計画に借りすぎると返済ができなくなるリスクがあるため、計画的な利用が必要です。

審査なしで借りれるところはある?

審査なしで借入できるカードローンはありません。

「審査なし」や「審査激甘」で貸し付けを行っている業者は、違法な高金利で貸付を行う闇金業者である可能性が高いので、絶対に利用しないようにしましょう。

銀行カードローン審査甘いってある?

SNSなどでは「ネット銀行の審査はゆるい」という声がありますが、誰でも審査に通れるような審査が甘い銀行カードローンはありません。

一般的に銀行カードローンの審査は、消費者金融カードローンよりも慎重に行われます。

  • URLをコピーしました!

FP監修者

事業企画部 シニアマネージャー

2級ファイナンシャル・プランニング技能士
生命保険/損害保険募集人資格 所持

生損保の営業を経て、マーケティングに従事。
営業経験や豊富な知識を活かし、お金にまつわるお役立ち情報やTipsを
わかりやすく解説できるよう努めて参ります。

ページ概要