MENU

SMBCモビットの評判はやばい?実際に借りた方の口コミから審査や借入額を徹底調査!

知名度も高く、お金がすぐに必要な方が利用しやすいと言われているカードローンがSMBCモビットです。

しかし、実際に利用してみないとメリットデメリットが分かりにくく、審査の流れや難易度、どれだけお金を借入することができるかなどが分からないものですよね。

そこでこの記事では、自社アンケートで集まった実際にSMBCモビットを利用した方の口コミを元に、SMBCモビットを利用することのメリットやデメリット、実際に利用する際に避けては通れない審査の流れや借入額に関する情報をご紹介していきます。

ページ概要

SMBCモビットの口コミ評判

まずは、SMBCモビットに関して寄せられたの口コミ評判から見ていきましょう。

SMBCモビットの良い口コミ

即日融資で素早く借入ができた

20代会社員(正社員)・男性

WEBから申込をして仮審査、本審査通過までが非常に迅速でした。その日のうちに借入する事ができたので助かりました。 

20代フリーター(パート)契約社員・女性

急な出費があり、手持ち現金が無くて困っていたので、WEB申し込みして当日借りれると知り、早速申し込みして借りる事ができました。

お金を借りるとなると面倒な手続きや審査に時間がかかるというイメージがありますが、SMBCモビットは最短30分で借入をすることができるため、お金を借りるまでの時間が短いことに驚いている方が多い印象でした。

WEB完結で簡単に申し込みができた

40代フリーター(パート)契約社員・女性

WEB申し込みは簡単な入力と必要書類があれば、店頭に行かなくても簡単に登録できてすぐにお金を借りられるところです。

40代 フリーター(パート)契約社員・男性

WEB上から簡単に申し込めて、翌日には融資可能になります。借入や返済もコンビニATMからできて、利便性が高いです。

SMBCモビットで借入をする場合、WEB申し込みをすると必要書類冴えあれば簡単にWEB完結で借入手続きを済ませることができ、店頭に行くことなく素早くお金を借りることができるようです。

確かに、店頭で手続きをするというのは手間ですし、WEB上で申し込みを済ませられるなら、どのエリアに住んでいる方でも利用することができるので、非常に便利と言えるでしょう。

借入したことが他者にバレにくい

30代会社員(正社員)・男性

WEBで完結するので電話確認といったものはありませんでした。人に借り入れもバレる事なく、すぐにお金も借りられます。

カードローンでお金を借りるというのはリスクも伴う行為です。

しかし、SMBCモビットは申し込みがWEB上で完結するため、自分がお金を借入したということがバレにくく、周囲の方にお金を借りたということを悟られづらいため、いきなりお金が必要になったとしても、無理なく借りられるのがSMBCモビットの良いポイントとなっているようです。

SMBCモビットの悪い口コミ

返済時に金利が高かった

40代フリーター(パート)契約社員・女性

早く借りたかったので利用しましたが金利はそこまで安くないので、違う金融会社で借りた方が安く借りれた可能性もある。

30代会社員(正社員)・女性

金利がそれなりに高いことです。

20代公務員・女性

他の大手と比べてみても、若干金利が高く無利息期間もないので、気軽に借り入れするという点ではちょっと不便です。

SMBCモビットに関する悪い口コミで、最も多かったのが返済時の金利に関する評判です。

返済時の金利が高いというのは実際に返済する立場にならないと分からないことなので、口コミだからこそわかる貴重な情報と言えるでしょう。

条件つきで在籍確認が必要だった

20代会社員(正社員)・男性

職場への在籍確認が必要ないと聞いてはいましたが、書類が足りなかったのか実際には在籍確認が必要でした。

WEB完結で在籍確認されることなくお金を借りられるという口コミもありましたが、人によっては書類が足りていないなどの条件で在籍確認が必要とされる場合もあるようです。

借入する際に指定された口座が必要だった

30代会社員(正社員)・男性

「指定された銀行口座を持っていないといけない」ので、借り入れするために、三井住友銀行の口座を作りました。またひとつ口座が増えてしまったのがマイナスに感じます。

借入する際に自分が元から持っている口座ではなく、指定された口座を持っていない場合は新たに口座を作らなくてはいけないという口コミが寄せられていました。

新たに口座を作るというのは手間ですので、口座を作る手間が掛かりそうな場合は、余裕のある時に借入をするのが良いかもしれません。

SMBCモビットを利用した方の感想

口座さえあればスピーディーに借りられる

40代フリーター(パート)契約社員・女性

SMBCの口座があると簡単な入力と必要書類があればスマホひとつでWEB申し込みができ、すぐに審査してもらえて即日でお金を借りることも可能なので便利です。大手金融機関なので安心感を持って利用できます。

20代会社員(正社員)・男性

僕の場合は在籍確認が必要でしたが、条件次第では在籍確認も必要なくスピーディーに借入ができます。WEBから申込をして折り返しで連絡が来るのはとにかく早いので、急いでいる方には特にお勧めです。 

30代会社員(正社員)・女性

CMをしている大手なので安心だし、WEBでも無人ATMでも、どこからでも免許証などがあれば、簡単に申し込め審査も早いと思うので、急いでいるときには助かります。

指定された口座は必要であるものの、スピーディーに借入を進めることができ、すぐにお金を用意したい方に合っていると言えます。

ただし、金利が高いなどのデメリットもあるため、ただ早くお金を手に入れることができる分、リスクがあることも承知で利用する必要があります。

借りやすいが故に返せる目処が立たないなら利用しない方が良いかも

20代公務員・女性

利用は本当に簡単ですが人によっては借りやすさ故に借入後の未来が見えなく可能性もあるかもしれません。
借入後の生活に見通しを持てている方なら、借りても良いと思いますが今の苦しみから逃れたいだけで借りるは、あまりお勧めできません。

20代会社員(正社員)・男性

生活を行う為にお金を借りたので生活を行う為にお金を借りたい方やお金の無い方にお薦めだと思いました。返済が出来ない方は借りる事をお勧め出来ないです。
使用した当時は育児をしていましたが、育児をしていても借りる事が出来たので育児をしている方にもお勧めできます。

金利が高く、返済が遅れると返済額が高くなりがちなため、目先の生活費を埋めるためにSMBCモビットでお金を借りるのはあまり良くないということが口コミ評判から分かりました。

ですので、SMBCモビットでお金を借入する場合は、ある程度返せる額を返せる目途がある状態で借入するようにしてください。

口コミから見るSMBCモビットを利用するメリット

WEB申し込みでも当日に借入することができる

SMBCモビットの口コミ評判から見ても、最も高いメリットと言えるのが、この融資の速さと言えるでしょう。

SMBCモビットの公式サイトでもこのように言及されています。

最短で申込からどれくらいで借入できますか?

審査は最短30分ほどで完了します。

手続きと審査が30分と考えると、1時間から2時間ほどあれば最短でお金を借りられるおおまかな時間帯になります。

ただし、取扱終了である21時直前に手続きを始めた場合は即日融資することが不可能となるので、その日のうちにお金を借りたいのであれば、最低でも終了時間から3時間は余裕を持った時間に手続きを始めると良いでしょう。

家族に借入がバレる恐れが少ない

SMBCモビットでは、申し込みをWEB完結にすることによって、家族や仕事先などの周囲の人間に借入したことがバレる心配が無いというメリットがあります。

条件によって在籍確認をされたりする場合もあるので、絶対にバレないというわけではないのですが、他のカードローンと比較すると、圧倒的に周囲の人間にバレにくいです。

ローンカードの発行もなく、利用明細もWEB上での確認ができるため、自宅に郵送物が一切ないので、身内バレの心配は特にありません。

郵送が面倒という方も手間にならないので、あわせてお得なポイントとなっています。

借入や返済がコンビニATMで行える

SMBCモビットの借入や返済はコンビニATMで行うことができるため、いちいち店頭に行く必要がないのも嬉しいポイントです。

セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行など、多くのコンビニでATMを利用することができるので、交通費などのコストを抑えながら、少ない手間で借入や返済を行うことが可能です。

口コミから見るSMBCモビットを利用するデメリット

金利が高く返済額が高額になりがち

SMBCモビットの金利は、3.0%~18.0%となっています。

比較的金利は高めに設定されており、返済が遅れるほど返済額は高くなります。

利息のみの返済も原則としては認められていないため、返済のめどが立っていないままSMBCモビットでお金を借りるのはそれなりにリスクがあります。

そのため、SMBCモビットでお金を借りるのであれば、返せる目途があること、借りる際にそれなりにリスクが高いことを認識したうえで利用しましょう。

条件によっては在籍確認される場合も

SMBCモビットはWEB申込完結であれば在籍確認が免除されるSMBCモビットですが、WEB申し込みでも、必要な書類が足りていない場合は在籍確認が行われることもあるので注意が必要です。

申し込みを行う際に必要な書類はこちら↓です。

  • 指定された銀行口座
  • 本人確認可能な書類
  • 収入証明書
  • 勤務先が確認可能な書類

これらの書類が足りない場合、職場への在籍確認が行われる可能性が高くなるので、周囲の人間に借入がバレたくないのであれば、必ず必要書類を揃えて、不備が無いように手続きを行ってください。

借入するのに指定された銀行口座を持つ必要がある

SMBCモビットでは以下の銀行口座が必要になります。

これらの銀行口座がない場合、新たに口座を作る必要があるため、即日融資の手続きを行っても、口座作成で結局時間がかかってしまうという可能性も出てきます。

そのため、事前に持っている口座を利用したり、SMBCモビットをどうしても利用したいなら事前に指定された銀行口座を作成しておきましょう。

SMBCモビットで即日融資を受けるための審査や流れ

SMBCモビットの審査は厳しい?甘い?

審査は最短30分、即日融資可能であるため、SMBCモビットの審査は甘いと考えている方も多いかもしれません。

しかし、審査が早いのはコンピューターで利用者の属性を判断して審査を行っているだけで、SMBCモビットの審査が甘いわけではありません。

利用者の属性は年収や勤務先、パートや正社員などの雇用形態など、さまざまなポイントで決められ、基準値まで満たすことができれば審査を通過ということになります。

その基準が決して甘いわけではないので、審査が早い=審査が甘いということにならないのです。

そのため、審査が甘いと慢心することなく、ある程度信頼情報がないと融資してもらうことはできないということを念頭に置きましょう。

SMBCモビットの審査が通らない方の共通点

SMBCモビットの審査が通らない方には共通点があります。

その共通点とは以下のような情報です。

  • 金融事故があって信用情報が薄い
  • 別会社からの借入情報が5件以上ある
  • 借入したい額が年収の3分の1を超えている
  • 嘘の申し込み内容や間違いがある

金融事故とは、長期延滞や自己破産などの債務整理、強制解約などが挙げられます。融資の判断の際に、これらの情報はしっかりリサーチされてしまうので注意しましょう。

また、申し込み時点で他社借入先が5件以上ある場合も審査が通りにくい様です。借入したい額は、年収の3分の1が上限となっています。

これは貸金業法の総量規制というもので、法律で定められた上限となっています。

他者から借入している総額が総量規制の対象となるため、SMBCモビットだけではなく、他社の借入額も注意して希望借入額を決めると良いでしょう。

また、申込内容の嘘や間違いはもってのほかです。申込内容で嘘をついても、審査時に事実と異なる点が洗い出されるため、まずバレると考えましょう。

申込内容に間違いがあると、それだけで信用が失われてしまうため、必ず嘘や間違いがないように確認したうえで手続きを進めていきましょう。

SMBCモビットの審査を通りやすくするコツ

SMBCモビットの審査を通りやすくするためには、正しい申し込み情報を入力することはもちろん、SMBCモビット以外で借入をしないことが重要となります。

他社の借入件数を増やさないことはもちろん、借入総額を増やしてしまうことで、審査が通りにくくなる恐れもあるため、同時に他者から借入をしないようにしましょう。

また、借入額も少なければ少ないほど信頼性を得やすく、借入してもらえる可能性が高まります。

まずは現実的に返済できる額から借りて、そこから賄えるようにしていくと良いでしょう。

申込は24時間365日いつでも可能

SMBCモビットの申込は、24時間365日いつでも可能です。

申込手段

  • パソコン
  • 携帯電話、スマホ
  • 郵送
  • 電話
  • 三井住友銀行内のローン契約機

以上で行うことができます。

パソコンやスマホといったWEB上で行う申込サービスであれば、いつでも申込を始めることができるので、時間がないという方でも隙間時間に手続きを済ませることが可能です。

審査は最短30分で完了

SMBCモビットでの審査はコンピューターを通して30分で完了します。

審査結果は最短30分で、終わったら審査結果をメールで受け取ることができます。

WEB完結の場合でも、審査時に確認が必要な事項があらわれた場合は、電話確認を求められる場合がありますので、いつでも電話を受け取れるように準備しておきましょう。

即日融資は午後9時までに契約完了させる必要がある

SMBCモビットの審査時間は、午前9時から午後9時までとなっています。

そのため、手続きで午後9時までかかってしまい、そこから審査を行ってもらう場合は審査が翌日に繰り越されてしまい、即日融資してもらえなくなってしまいます。

ですので、即日融資してもらいたのであれば、手続きは最低でも午後8時までと時間に余裕を持って済ませられるようにしてください。

SMBCモビットの審査の注意点

給料日前の土日祝日などは、給料で返済する見込みで借入の申込が増えるタイミングとなります。

申込が集中することで審査する利用者の数が増え、いくら早く審査が終わると言っても審査に時間を要してしまう可能性が高くなります。

そのため、土日祝日に借入したい場合は通常よりも融資が遅くなる恐れがあるので注意しましょう。

また、在籍確認時に勤務先が休日の場合も、在籍確認ができないので即日融資ができなくなってしまいます。

WEB完結の際には関係ありませんが、在籍確認が必要となる申込の場合は勤務先が休日かどうかをチェックしておきましょう。

SMBCモビットでいくらまで借りられる?

実際に利用した方の借入額

まずは、実際にSMBCモビットで借入をした方の借入額を比較してみたいと思います。

スクロールできます
借入時の職業借入時の年齢借入額性別
会社員(正社員)20代30万円男性
フリーター(パート)、契約社員40代20万円女性
会社員(正社員)30代10万円女性
フリーター(パート)、契約社員20代50万円女性
会社員(正社員)30代20万円男性
会社員(正社員)40代10万円男性
公務員20代50万円女性
会社員(正社員)20代30万円男性
フリーター(パート)、契約社員40代30万円男性
会社員(正社員)30代30万円男性

正社員の方だけではなく、契約社員やフリーターの方でも50万円ほどのお金を借入することができるようでした。

比較的借入しやすいカードローンとは思いますが、返済時のリスクも考えると、あまりお金を借りすぎないように、気を付ける必要があります。

年収の3分の1が基本的な借入限度額となる

先ほども紹介した通り、年収の3分の1が総量規制として借入限度額となります。

SMBCモビットの利用限度額は上限が800万円となっていますが、借入限度額は年収の3分の1となっており、他社からの借入額も総量規制の対象となります。

他社からの借入がある方は、借入額の合計と年収の3分の1を比較して、どれだけ借入することができるのかをチェックするようにしましょう。

初めてSMBCモビットを利用する方は限度額が低くなる可能性が高い

SMBCモビットを始めて利用する方の場合、借入限度額が最大でも50万円ほどとなることが多いようです。

これは、利用者に応じた利用限度額を決められる場合が多く、初回だと実際の返済能力がどこまであるのかをチェックする意味合いもあるのです。

借入限度額を増やすには?

まずは、1度借入してから実際に返済することで、信頼情報を形成していくのが大切です。

借入限度額は年収の3分の1ですが、利用限度額は800万円となっているため、年収が高くなってさらに信頼情報を形成していけば、さらに高い額の借入をすることもできるようになるでしょう。

ただし、借入限度額を増やしたいのであれば、他社の借入を減らして、借入限度額に余裕を持たせましょう。

利用限度額が増やせるようになったら、増額審査申込を行うことができるので、アプリなどで増額審査申込を行ってください。

信頼を失うと利用可能額がいきなり0になるので注意

金融事故や返済が滞るなどの理由でSMBCモビットからの信頼を失った場合、利用可能額がいきなり0となる場合もあります。

そうなると借入を行うことができなくなり、SMBCモビットを利用することができなくなるので、定期的にSMBCモビットで借入を続けていきたいのであれば、信頼を失わないように返済しっかり済ませていくようにしましょう。

まとめ

SMBCモビットは即日融資が可能なカードローンですが、口コミ評判をチェックしてみると、借入までのスピードが早い点、申込がWEB完結で在籍確認が必要ない場合がある点などをメリットとして評価している方が多い印象でした。

ただし、条件付きで在籍確認が必要であったり、返済時の金利、借入額限度額などの知識をしっかり頭に入れておかないと、実際に利用した際に返済に苦労したり、継続的な利用が難しい場合も十分にあります。

総量規制についても予め考えておくことや、SMBCモビットを利用する際の注意点に気を付けつつ安心納得した上で借入するようにしましょう。

FP監修者

事業企画部 シニアマネージャー

2級ファイナンシャル・プランニング技能士
生命保険/損害保険募集人資格 所持

生損保の営業を経て、マーケティングに従事。
営業経験や豊富な知識を活かし、お金にまつわるお役立ち情報やTipsを
わかりやすく解説できるよう努めて参ります。

ページ概要
閉じる