【2021年最新】クレジットカードの還元率が高い人気ランキング&おすすめ9選!ポイントで得する選び方のコツ

クレジットカードの還元率が高い人気ランキング&おすすめ9選 クレジットカード

「還元率の高いクレジットカードを知りたい」
「高還元率のクレジットカードを選ぶときのポイントを教えて欲しい」

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

本記事では、還元率が高いクレジットカード9選をご紹介。人気ランキングと特徴別にピックアップしているので、あなたにぴったりの一枚が見つかります。

この記事を読むことで、

  • 自分に合う高還元率のクレジットカードが選べるようになる
  • クレジットカードの還元率について詳しく理解できる

ようになります。最新のキャンペーン情報も掲載しているので、お得にカードを申し込みたい方はお見逃しなく。

2021年現在、還元率が高くもっともおすすめのクレジットカードは以下の3枚です。還元率の高いカード選びに迷ったらこの中から選べば間違いありません。

おすすめの高還元率クレジットカード3選

  1. 三井住友カード ナンバーレス|対象コンビニ・マクドナルドでポイント5%還元
  2. JCB CARD W|スタバでの利用で最大20倍のポイント還元
  3. リクルートカード|リクルートのサービス利用でポイント最大4.2%還元
  1. 還元率が高いおすすめのクレジットカード人気ランキング5選!還元率を徹底比較
    1. 1.三井住友カード ナンバーレス | 対象コンビニ・マクドナルドでポイント5%還元
    2. 2.JCB CARD W | スタバでの利用で最大20倍のポイント還元
    3. 3.リクルートカード | リクルートのサービス利用でポイント最大4.2%還元
    4. 4.楽天カード | 楽天市場での利用でポイント最大3%還元
    5. 5.セゾンパール・アメリカン・エキスプレス | QUICPay利用でポイント3%還元
  2. 【特徴別】ポイント還元率が高いおすすめクレジットカード4選
    1. 【女性向け】「JCB CARD W plus L」|女性向けの特典が豊富
    2. 【学生向け】三井住友カード デビュープラス|18歳〜25歳限定でポイントが2倍
    3. 【auユーザー向け】au PAY ゴールドカード | au PAYマーケットで最大18%ポイント還元
    4. 【ドコモユーザー向け】dカード GOLD | ドコモのスマホ代支払いで最大10%ポイント還元
  3. そもそもクレジットカードの還元率とは?
    1. クレジットカードは1%以上で高還元率
    2. クレジットカードの還元率と付与率の違い
  4. 自分に合う還元率の高いクレジットカードの選び方5つ
    1. ①基本の還元率をチェックする
    2. ②還元率がアップする条件をチェックする
    3. ③ポイントの種類をチェックする
    4. ④ポイントの利用方法をチェックする
    5. ⑤年会費、補償などをチェックする
  5. 高還元率のクレジットカードに関するよくある質問
    1. Q1.ポイントはずっと貯めておけるの?
    2. Q2.何を買ってもポイントは還元されるの?
    3. Q3.「リボ払いでポイント還元!」というキャンペーンって利用しても大丈夫なの?
    4. Q4.貯まったポイントはどう使うの?
    5. Q5.ポイントがいくら貯まったかどこで確認できるの?
    6. Q6.効率良くポイントを貯める方法は?
    7. Q7.VISAカードで還元率が高いのはどれ?
    8. Q8.Amazonの買い物で還元率が高くなるクレジットカードはどれ?
    9. Q9.ゴールドカードやプラチナカードにすると還元率がアップするの?
  6. まとめ:還元率が高いクレジットカード最強の1枚は「三井住友カード ナンバーレス」

還元率が高いおすすめのクレジットカード人気ランキング5選!還元率を徹底比較

高還元率のおすすめクレジットカード人気ランキング

最初に人気ランキングを見ていきましょう。高還元率のクレジットカードは以下の5枚がおすすめです。

カード名 還元率  年会費 ブランド
三井住友カード ナンバーレス 0.5〜5.0% 永年無料 ・VISA
・Mastercard
JCB CARD W 1.0〜10.0% 永年無料 JCB
リクルートカード 1.2〜4.2% 永年無料 ・VISA
・Mastercard
・JCB
楽天カード 1.0〜3.0% 永年無料 ・VISA
・Mastercard
・JCB
・American Express
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス 0.5〜3.0% 初年度無料 ・American Express

上記の通り、還元率は条件によって大きく変動します。各クレジットカードの詳細を、以下で見ていきましょう。

1.三井住友カード ナンバーレス | 対象コンビニ・マクドナルドでポイント5%還元

高還元率クレジットカードの三井住友カード ナンバーレス

(引用元:三井住友カード ナンバーレス公式HP

還元率 0.5%
※対象コンビニ(セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン)、マクドナルドの利用で2.5%
※Visaのタッチ決済、Mastercardのコンタクトレス決済で5.0%
ポイントの使い道 Vポイントとして還元
・ApplePay、Google Playでの買い物
・プリペイドカードへのチャージ
・景品や他社ポイントとの交換
年会費 永年無料
補償・保険 海外旅行保険:最高2,000万円
ブランド ・Visa
・Mastercard
特徴 ・スマホアプリで管理する最先端のナンバーレスカード
・対象コンビニやマクドナルドで最大5.0%のポイント還元
・自身の選んだ店舗で+0.5%のポイント還元(最大3店舗)
キャンペーン ・新規入会で最大5,000円相当のポイント
・「マイ・ペイすリボ」登録と利用で1,500ポイントプレゼント

三井住友カード ナンバーレスの特徴は大きく次の3つです。

  • コンビニ3社・マクドナルドでは5%と驚異の高還元率!
  • スマホアプリで安全に番号を管理する、最先端のナンバーレスカード!
  • iD、QUICPay、ApplePay、Google Payといった多くの非接触決済に対応!

「三井住友カード ナンバーレス」は、カード番号が印字されていないナンバーレスカードです。カード情報の管理は専用スマホアプリで行うため、安全性が高いという特徴があります。

注目すべきは、コンビニ3社とマクドナルドの利用で5%の還元率になる点です。対象のコンビニは以下の3つ。

  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン

これらの身近なお店でポイントが貯められるため、メインカードとして持つには最適です。

また、iDやQUICPayなどの非接触決済にも対応。カードを端末にかざすだけで決済が完了し、会計の時間を短縮できます。

現在のところ、非接触決済に対応したナンバーレスカードは、「三井住友ナンバーレスカード」だけ。キャッシュレスでお得にポイントを貯めたい方には、間違いなく最強の一枚です。

\セキュリティ万全!コンビニやマクドナルドで最大5%還元/

今すぐ三井住友カード ナンバーレスに申し込む

2.JCB CARD W | スタバでの利用で最大20倍のポイント還元

高還元率クレジットカードのJCB CARD W

(引用元:JCB CARD W公式HP

還元率 1.0%
※セブン-イレブン・Amazonの利用で3.0%
※スターバックスカードへの入金で10.0%
ポイントの使い道 Oki Dokiポイントとして還元
・Amazonの買い物
・スターバックスカードにチャージ
・他社ポイントやマイルに交換
年会費 永年無料
補償・保険 海外旅行保険:最高2,000万円
ブランド JCB
特徴 ・18~39歳の若者向けクレジットカード
・基本還元率1.0%で、パートナー店の利用で最大10%に
・家族カード、ETCカード、QUICPayカードの追加無料
キャンペーン ・Amazon利用でポイント最大30倍
・家族カード入会で最大4,000円分のポイント付与

JCB CARD Wの大きな特徴は次の2つです。

  • 18~39歳の限定カードで、若年層に嬉しい特典が盛りだくさん!
  • セブン-イレブンやAmazonでは還元率3.0%、スターバックスでは還元率10%に!

18~39歳限定のクレジットカード「JCB CARD W」は、若年層をターゲットにした特典が魅力です。

通常のJCBカードが還元率0.5%であるのに対し、「JCB CARD W」は1.0%の高還元率。さらに、提携パートナー店で利用すると、最大10%の還元率になります。

対象となるパートナー店は、セブン-イレブンやAmazon、スターバックスなど。これらの店舗をよく利用する方には、「JCB CARD W」は間違いなくお得なカードです。

\最大10%の高還元率!Amazon利用時にポイント3倍!/

今すぐJCB CARD Wに申し込む

3.リクルートカード | リクルートのサービス利用でポイント最大4.2%還元

高還元率クレジットカードのリクルートカード

(引用元:リクルートカード公式HP

還元率 1.2%
※じゃらん・ホットペッパービューティーの利用で3.2%
※ポンパレモールでの利用で4.2%
ポイントの使い道 リクルートポイントとして還元
・Pontaポイントに交換
・ポンパレモールでの買い物
年会費 永年無料
補償・保険 海外旅行保険: 最高2,000万円
国内旅行保険: 最高1,000万円
ショッピング保険:年間200万円
ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
特徴 ・どこで利用しても還元率1.2%
・ETCカードの利用や電子マネーチャージでもポイントが貯まる
キャンペーン 新規入会+利用で最大8,000円相当のポイントプレゼント(JCBのみ)

リクルートカードの特徴は次の3つです。

  • 基本還元率1.2%はクレジットカードの中でトップクラス!
  • 「じゃらん」や「ホットペッパービューティー」の予約で還元率3.2%!
  • 貯まったポイントは「Pontaポイント」に交換可能!

「リクルートカード」は、通常利用で還元率1.2%。特別な条件なしでこの還元率は、他の年会費無料のカードと比べても突出して高いです。

さらに、リクルートが運営する「じゃらん」(旅行予約サイト)や「ホットペッパービューティー」(サロン予約サイト)の利用で、最大4.2%が還元されます。旅行も美容室も高額の支払いになることが多いため、効率よくポイントを貯められます。

また、ポイントの交換先としてPontaポイントが選べる点も魅力。日常的にPonta提携店(ローソンやゲオなど)を使う方にはリクルートカードが最適です。

\基本還元率が1.2%!買い物や公共料金の支払いがお得!/

今すぐリクルートカードに申し込む

4.楽天カード | 楽天市場での利用でポイント最大3%還元

高還元率クレジットカードの楽天カード

(引用元:楽天カード公式HP

還元率 1.0%
※楽天市場の利用で3.0%
ポイントの使い道 楽天ポイントとして還元
・ショッピング分に充当
・楽天市場での買い物
・楽天Edyに交換
年会費 永年無料
補償・保険 海外旅行保険:最高2,000万円
ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
・American Express
特徴 ・SPU(スーパーポイントアッププログラム)でお得に
・ディズニーなど豊富な種類のデザイン
キャンペーン ・新規入会&利用で最大8,000円相当のポイント付与!
・家族カード同時入会で1,000円相当のポイント付与!

楽天カードの特徴は次の2つです。

  • 楽天ポイントをお得に貯めるなら必須の1枚!
  • ディズニーやスポーツなど豊富なデザインが選べる!

テレビCMでもお馴染みの「楽天カード」は、楽天ポイントを活用し、計画的に節約したい方におすすめです。

通常の還元率は1.0%ですが、楽天市場や楽天銀行、楽天モバイルなどの楽天サービスで利用すると還元率が3.0%に。これらのサービスを利用しているなら、楽天カードは必須です。

使い方によっては、年間10万円分近くのポイントを貯めることもできます。実際にメインカードとして使っている人も多く、楽天ポイント自体の汎用性も高いため非常におすすめのカードです。

\基本還元率1.0%!楽天系列サービスでポイント2〜3倍!/

今すぐ楽天カードに申し込む

5.セゾンパール・アメリカン・エキスプレス | QUICPay利用でポイント3%還元

高還元率クレジットカードのセゾンパール・アメリカン・エキスプレス

(引用元:セゾンパール・アメリカン・エキスプレス公式HP

還元率 0.5%
※QUICPayの利用で3.0%
ポイントの使い道 永久不滅ポイントとして還元
・専用オンラインストア「STORE SAISON」での購入
・ショッピングの支払いに充当
・Amazonギフト券との交換
・各種ポイント・マイルとの交換
年会費 初年度無料
※2年目以降は1,100円(年1回以上の利用で無料)
補償・保険 オンラインショッピング補償
ブランド American Express
特徴 ナンバーレスカード(デジタル)
キャンペーン ・新規入会特典として最大8,000円相当のポイントをプレゼント!
・ナンバーレスカードに入会すると最大5か月間 10%OFF!

セゾンパール・アメリカン・エキスプレスの特徴は次の2つ。

  • QUICPayでのキャッシュレス決済なら還元率3%!
  • 最短5分で発行できるナンバーレスカード!

セゾンのアメリカン・エキスプレスカードには複数のランクがあります。その中で「セゾンパール」は、誰にでも持ちやすい一枚。2年目以降に年会費1,100円が発生しますが、年1回の利用で無料となります。

最大の長所は、QUICPayによる支払いで3%のポイント還元となる点です。QUICPayは全国133万カ所以上で利用できるため、いつでも、どこでもポイントが貯まります。

また、完全ナンバーレスのデジタルカードであることも見逃せません。カード番号はスマホ上で管理されるため、申し込みから最短5分で発行できます。キャッシュレス時代にぴったりのカードといえるでしょう。

\QUICPay加盟店でポイント還元率3%!ポイントの有効期限が無期限!/

今すぐセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードに申し込む

【特徴別】ポイント還元率が高いおすすめクレジットカード4選

特徴別の高還元率クレジットカード

ここまで、還元率のみに着目しておすすめのクレジットカードをご紹介しました。ここからは、高還元率のクレジットカードを特徴別に紹介します。

「女性」「学生」「auユーザー」「ドコモユーザー」のいずれかに該当する方は、以下のクレジットカードを検討してください。

特徴 カード名 還元率  年会費 ブランド
女性向け JCB CARD W plus L 1.0〜10.0% 永年無料 JCB
学生向け 三井住友カード デビュープラス 1.0% 初年度無料 VISA
auユーザー向け au PAY ゴールドカード 1.0〜18.0% 11,000円(税込) ・VISA
・Mastercard
ドコモユーザー向け dカード GOLD 1.0〜10.0% 11,000円(税込) ・VISA
・Mastercard

それぞれの詳細について見ていきましょう。

【女性向け】「JCB CARD W plus L」|女性向けの特典が豊富

高還元率クレジットカードのJCB CARD W plus L

(引用元:JCB CARD W plus L公式HP

還元率 1.0%
※セブン-イレブン、Amazonの利用:3%
※スターバックスカードへの入金:10%
ポイントの使い道 Oki Dokiポイントとして還元
・Amazonの買い物
・スターバックスカードにチャージ
・他社ポイントやマイルに交換
年会費 永年無料
補償・保険 海外旅行保険:最高2,000万円
海外ショッピング保険:最高100万円
女性疾病保険:乳がん、子宮がんなど(月々290円~)
ブランド JCB
特徴 ・18~39歳の若年層限定カード
・「JCB CARD W」と同じく基本還元率1.0%
・パートナー店の利用で最大10%の還元率
キャンペーン ・Amazon利用でポイント最大30倍
・家族カード入会で最大4,000円分のポイント付与

JCB CARD W plus Lの特徴は次の3つです。

  • 「JCB CARD W」と同じく最大10%の高還元率!
  • 旅行やサロンなど、月替わりでさまざまな優待が受けられる!
  • 乳がんや子宮がんなど、女性の疾病に対するサポート!

「JCB CARD W Plus L」は、「JCB CARD W」の魅力をそのままに、女性に嬉しい特典や保険をプラスしたクレジットカードです。

毎月10日・30日に開催される「LINDAの日」では、2,000円のJCBギフトカードが当たる抽選に参加可能。他にもウェディングプランやネイルサロンなど、さまざまな優待を受けられます。

また、女性向け疾病保険「お守リンダ」にも注目。乳がんや子宮がんなどの疾病に対して、保険料が月々290円からサポートを受けられます。還元率だけでなく特典も充実しているカードを探している女性にはJCB CARD W plus Lがおすすめです。

\女性向けの優待が充実!ポイント還元率も最大10倍!/

今すぐJCB CARD W plus Lに申し込む

そのほか、以下の記事で女性向けのおすすめクレジットカードをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

女性におすすめの人気クレジットカード7選!年代やタイプ別に自分に合ったカードの選び方を徹底解説

【学生向け】三井住友カード デビュープラス|18歳〜25歳限定でポイントが2倍

高還元率クレジットカードの三井住友カード デビュープラス

(引用元:三井住友カード デビュープラス公式HP

還元率 1.0%
※入会後3か月は2.5%
ポイントの使い道 Vポイントとして還元
・ショッピング
・プリペイドカードへのチャージ
・景品や他社ポイント
年会費 初年度無料
2年目以降1,375円(税込)
※年1回の利用で無料
補償・保険 ショッピング保険:年間100万円
ブランド Visa
特徴 ・18~25歳の学生限定カード
・「三井住友カード」の2倍にあたる1.0%の基本還元率
・入会後3か月は還元率2.5%にアップ
キャンペーン ・新規入会で最大5,000円相当のポイント付与!
・「マイ・ペイすリボ」登録と利用で1,500ポイントプレゼント!

三井住友カード デビュープラスの特徴は次の3つです。

  • 「三井住友カード」の2倍、1.0%の基本還元率!
  • 入会後3か月間は還元率2.5%にアップ!
  • ポイントUPモールを経由すれば最大10%の還元率に!

「三井住友カード デビュープラス」は18歳~25歳の学生限定カード。一般向け「三井住友カード」の特典はありませんが、その代わりに通常利用でのポイント還元率が2倍の1.0%で利用可能です。

なお、本カードを利用中に26歳を迎えると、より補償が充実している20代限定の「プライムゴールド」へと切り替わります。

学生のうちに還元率の高いクレジットカードを作りたい人、将来的にステータスの高いカードを作りたい人は三井住友カード デビュープラスがおすすめです。

\入会後3ヶ月はポイント5倍!コンビニやマクドナルドで還元率UP!/

今すぐ三井住友カード デビュープラスに申し込む

【auユーザー向け】au PAY ゴールドカード | au PAYマーケットで最大18%ポイント還元

高還元率クレジットカードのau PAY ゴールドカード

(引用元:au PAY ゴールドカード公式HP

還元率 1.0%
※au Payへのチャージで2.5%
※au携帯電話の利用で11%
ポイントの使い道 Pontaポイントとして還元
・ネットショッピング
・au携帯電話の機種変更・修理など
・au Payへのチャージ
年会費 11,000円(税込)
補償・保険 海外旅行保険:最高5,000万円
国内旅行保険:最高5,000万円
ショッピング保険:年間300万円
ブランド ・Visa
・Mastercard
特徴 ・au携帯電話の利用料金が最大11%還元
・空港ラウンジの利用や宿泊施設の優待
キャンペーン ・新規入会後の利用で最大20,000円相当のポイント付与!
・マイナポイントで登録すると最大5,000円相当の残高付与!

「au Pay ゴールドカード」は、auユーザー向けの魅力が詰まったクレジットカードです。その大きな特徴は次の2つ。

  • au携帯料金の支払いが多い方におすすめ!
  • au PAYを積極的に利用すれば、さらなる還元も!

最大のポイントは、au携帯電話の利用料が11.0%還元されること。例えば、毎月のau携帯料金の利用料が10,000円の場合、1,100円分のポイントが還元されます。

年間では13,200円が還元されるため、これだけで年会費の元が取れる計算です。家族の携帯料金をまとめて払っている場合などはさらにお得です。auの携帯電話をご利用の方はau PAY ゴールドカードを持っておきましょう。

\auユーザーにおすすめ!スマホ代が11.0%還元!/

今すぐau PAY ゴールドカードに申し込む

【ドコモユーザー向け】dカード GOLD | ドコモのスマホ代支払いで最大10%ポイント還元

高還元率クレジットカードのdカード GOLD

(引用元:dカード GOLD公式HP

還元率 1.0%
※ドコモ携帯電話の利用で10%
ポイントの使い道 dポイントとして還元
・ネットショッピング
・ドコモ携帯電話の機種変更・修理など
・au Payへのチャージ
年会費 11,000円(税込)
補償・保険 海外旅行保険:最高1億円
国内旅行保険:最高5,000万円
ショッピング保険:年間300万円
携帯電話補償:最大10万円
ブランド ・Visa
・Mastercard
特徴 ・ドコモ携帯電話・ドコモ光の利用で10%のポイント還元
・空港ラウンジの利用
・年間利用額に応じた特典
キャンペーン 新規入会後の利用で最大13,000円相当のポイント付与!

dカード GOLDの特徴は次の2つです。

  • ドコモの携帯やドコモ光の利用で10%のポイント還元!
  • スマホの盗難や破損に対して、最大10万円の補償が受けられる!

「dカード GOLD」はドコモユーザーにおすすめのクレジットカード。ドコモの携帯利用料金に対して10%のポイント還元が受けられます。毎月の携帯料金が1万円あれば、年会費の11,000円は簡単にペイできるでしょう。

その他、注目したいのがケータイ補償。dカードで購入したスマートフォンが紛失・盗難・修理不能となった場合、最大10万円の補償を受けられます。高額な機種を使用している方には安心のサービスです。

ドコモユーザーはdカード ゴールドを作れば間違いありません。

\ドコモユーザーにおすすめ!ドコモの利用料金が10%還元!/

今すぐdカード GOLDに申し込む

そもそもクレジットカードの還元率とは?

クレジットカードの還元率とは

ここまで、特徴別に還元率の高いおすすめクレジットカードをご紹介しました。しかし、還元率について正しく認識していない方も多いかと思います。

「還元率」とは、「カード利用額に対して付与されるポイントを、金額に換算したときの割合」です。少しややこしいので、例を挙げて説明してみましょう。

クレジットカードには、各社独自のポイントサービスがあります。例えば「カード利用額○円につき1ポイントが貯まる」というものです。

貯まったポイントは「1ポイントあたり○円」として、ショッピングの利用に充てたり、金券類と交換したりできます。

一例として、「利用額200円に対して1ポイントが貯まる」クレジットカードを考えてみましょう。このポイントは、「1ポイントあたり2円」の価値があるとします。

クレジットカードの特徴
・200円の利用額につき1ポイントが付与される
・1ポイントは2円相当の価値がある

この場合の還元率
2円(1ポイントあたりの価値)÷200円(1ポイントが付与される利用額)=1.0%(還元率)

この場合、還元率は1.0%という計算です。

クレジットカードは1%以上で高還元率

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%〜1.0%程度です。そのため、還元率が1.0%以上あるクレジットカードは高還元率と言えます。

代表的なカードの還元率は以下の通りです。

 カード名 基本還元率
三井住友カード 0.5%
JCB一般カード 0.5%
セゾンカード(インターナショナル) 0.5%
楽天カード 1.0%
オリコカード(THE POINT) 1.0%

ただし、ここでの還元率とは、普段のカード利用時における還元率(基本還元率)を指します。実際には、還元率は特典やキャンペーンによって1.5%、2%と上がる場合も少なくありません。

条件次第では、10%以上の還元率にもなります。例えば前述の「JCB CARD W」は、スターバックスカードにチャージした場合の還元率は10%です。

「同じショッピングサイトを頻繁に使う」「いつも特定の電子マネーで支払う」といった方は、その条件に見合ったカードを使うことで、よりお得に買い物ができます。

クレジットカードの還元率と付与率の違い

「還元率」と意味を取り違えやすい言葉として、「付与率」があります。

「付与率」とは、「カード利用額に対して付与されるポイントの割合」のこと。例えば、利用額100円に対して1ポイントが付与されるカードであれば、その付与率は1%です。

注意点として、付与率ではポイントの価値を考慮しません。あるカードでは1ポイント=1円でも、別の会社は1ポイント=10円の場合もあります。

例えば、以下の例を考えてみましょう。

クレジットカードの特徴
・100円の利用額につき1ポイントが付与される
・1ポイントは0.5円相当の価値がある

この場合の付与率
1(付与されるポイント)÷100(利用額)=1.0%(付与率)

この場合の還元率
0.5円(1ポイントあたりの価値)÷100円(1ポイントが付与される利用額)=0.5%(還元率)

このように、100円の利用額につき1ポイントが付与されるカードで、1ポイントは1円相当として使える場合、付与率こそ1.0%ですが、還元率は0.5%しかありません。

クレジットカードを比較する際は、「付与率」という言葉に惑わされず、あくまでも「還元率」を基準に判断しましょう。

自分に合う還元率の高いクレジットカードの選び方5つ

還元率の高いクレジットカードの選び方

前の章では、クレジットカードの還元率についてその仕組みをお伝えしました。

ここからは、ここまでの内容を踏まえて自分に見合ったクレジットカードの選び方を解説します。「還元率のことは分かったけど、他に何を基準にカードを比較すればいいの?」という方はぜひ参考にしてください。

  • 基本の還元率をチェックする
  • 還元率がアップする条件をチェックする
  • ポイントの種類をチェックする
  • ポイントの利用方法をチェックする
  • 年会費、補償などをチェックする

それぞれ順を追って見ていきましょう。

①基本の還元率をチェックする

クレジットカードの還元率は、主に次の2つをチェックしましょう。

  • 基本還元率
  • 特定条件での還元率

基本還元率の平均は0.5%前後。クレジットカードの中には、基本還元率が1.0%以上に設定されているものもあります。

メインカードとしてさまざまな使い道を考えているなら、できる限り基本還元率が高いカードを選びましょう。

また、クレジットカードの還元率は条件によって変わります。特典やキャンペーンによっては、最終的な還元率が10%以上に達することも。

ただし、条件はつねに満たせるわけではありません。付与されるポイントの多くは、通常利用時の基本還元率によって決まります。

反対に、Amazonでの買い物にしか使わない方など、利用シーンが極端に限定されているのであれば、基本還元率は気にせず、還元率アップの条件を満たせるカードを選びましょう。

②還元率がアップする条件をチェックする

基本還元率を把握したら、今度は還元率アップの条件を見ていきましょう。

還元率が上がる条件は、以下の3種類に大別されます。

  • 特定の店舗で還元率がアップする
  • 特定の支払い方法で還元率がアップする
  • キャンペーン期間中に還元率がアップする

これらの条件をクリアできるかどうかが大きなポイントです。

よく使う店舗や支払方法があり、無理なく還元率アップの条件を満たせるのであれば、そのカードの申し込みを検討してください。

③ポイントの種類をチェックする

高還元率クレジットカードを選ぶならポイントの種類もチェック

続いて、ポイントの種類を確認しましょう。代表的なカードのポイントは以下の通りです。

貯まるポイント 代表的なカード
Vポイント 三井住友カード
永久不滅ポイント セゾンカード
Oki Dokiポイント JCBカード
楽天ポイント 楽天カード

例えば、JCBカードで貯めたOki Dokiポイントは、そのままAmazonで使えます。交換の手続きがいらないうえに、手数料も一切かからないため、他のカードでポイントを貯めるよりはるかに効率的です。

また、ポイントには無期限のタイプと、有効期限があるタイプが存在します。有効期限がある場合、うっかり利用を忘れるとポイントが消失してしまうリスクも。心配な方は、申し込み前に確認しておきましょう。

④ポイントの利用方法をチェックする

ポイントの種類とあわせて、その利用方法も確認しましょう。主なポイントの交換先は以下の通りです。

  • 景品と交換
  • ギフト券と交換
  • マイルと交換
  • 電子マネーにチャージ

具体的な交換先はクレジットカードによって異なります。例えば「dカード」で貯まるdポイントの場合、JALのマイルとは交換できますがANAのマイルとは交換できません。

また、ディズニーが好きな方であれば、ディズニーリゾートのパークチケットとポイント交換できる「JCB CARD W」がおすすめです。

ポイントの利用方法は人によって異なります。普段の生活上で使えるポイントが貯まるカードを選んでください。

⑤年会費、補償などをチェックする

カードの年会費や補償、特典についても確認しておきましょう。年会費は、大きく3つのパターンに分けられます。

  • 年会費無料
  • 年会費が発生する
  • 年会費が発生するが、年1回の利用で無料となる

年会費が永年無料のカードなら、年会費を気にする必要はありません。

一方で年会費が発生するカードでは、貯めたポイントより年会費の方が大きくなる可能性もあります。

また、条件付きで年会費無料のカードは、他のカードに切り替えたり解約を忘れたりで、知らないうちに年会費が発生することがあるので注意しましょう。

さらに、クレジットカードには補償や特典が付いている場合が多いです。例えば「JCB CARD W」は海外旅行保険として最高2,000万円までの補償が付いています。「JCB CARD W plus L」なら女性向けの特典が盛りだくさんです。

高還元率のクレジットカードに関するよくある質問

高還元率のクレジットカードに関するよくある質問

高還元率のカードについて、よくある質問をまとめていきます。

Q1.ポイントはずっと貯めておけるの?

A.貯まるポイントによって異なります。

クレジットカードで貯まるポイントには、「有効期限あり」と「無期限」の2種類があります。

  • ポイントに有効期限があるカードの例:楽天カード(楽天ポイント)
  • ポイントが無期限であるカードの例:セゾンカード(永久不滅ポイント)

ポイント失効のリスクが心配なら、セゾンカードのようにポイントが無期限で貯められるカードを使いましょう。

ただし、ポイントに有効期限があるカードは、還元率が高い傾向にあります。メインカードとしてよく使うなら、還元率の高いカードを優先しましょう。

Q2.何を買ってもポイントは還元されるの?

A.すべての支払いで還元されるわけではありません。

カード会社によって異なりますが、以下の支払いにはポイントが付与されないケースがほとんどです。

  • キャッシングの利用分
  • カードの年会費や手数料
  • 国民年金保険料
  • 電子マネーへのチャージ

上記以外にもポイントが付与されないケースは存在します。気になる方は事前に各クレジットカードの仕様を確認しておきましょう。

Q3.「リボ払いでポイント還元!」というキャンペーンって利用しても大丈夫なの?

クレジットカードの還元率アップキャンペーンは利用して大丈夫?

A.手数料のリスクを理解した上で利用しましょう。

リボ払いは、カードの利用額にかかわらず、月々の支払い額を一定にする決済手段です。クレジットカードによっては、この「リボ払い」を選択することで、ポイント還元率アップなどの特典を受けられる場合があります。

高還元率と聞くと魅力的ですが、リボ払いには月々の支払いに手数料(年利15%前後)が加算されるといったデメリットがあります。そのため、返済が長引くほど支払総額が増えてしまうのです。

どれだけポイントが還元されても、それ以上の高い手数料を払っていたのでは意味がありません。収入と支出のバランスを考えて、リボ払いカードの使いすぎには十分に注意が必要です。

なお、一度リボ払いを選択したとしても、手続きをすれば通常の支払いに戻すことができます(一部のリボ払い専用カードを除く)。

Q4.貯まったポイントはどう使うの?

A.ポイントによって異なります。

ポイントの主な利用方法には以下のものがあります。

  • ショッピングの支払いに充当
  • オンラインストアでの商品購入
  • Amazonなどのギフト券と交換
  • ANAやJALのマイルと交換
  • suicaやnanacoなどの電子マネーにチャージ

もしも普段から利用しているサービスがあれば、そのサービスでポイントが使えるカードを選びましょう。

Q5.ポイントがいくら貯まったかどこで確認できるの?

A.貯まったポイントは、会員専用のWEBサービスから確認できます。

クレジットカードの会員専用サービスには、例えば以下のものがあります。

カード名 会員専用WEBサービス名
JCBカード MyJCB
三井住友カード Vpass
セゾンカード セゾンnetアンサー
楽天カード 楽天Point Club

基本的にクレジットカードには専用のWebサービスが設けられています。カードの利用案内に記載されたURLからログインしてください。

Q6.効率良くポイントを貯める方法は?

クレジットカードの還元率を利用して効率よくポイントを貯める方法

A. 月々の支払いを基本還元率が高いクレジットカードにまとめしょう。

食費だけでなく、光熱費や通信費など固定費もカード払いとすることで、効率よくポイントが貯められます。

加えて、頻繁に利用する店舗や決済方法があれば、その恩恵を最大限に得られるクレジットカードを併用してください。

できる限り高還元率のカードに支払いを一本化することが、賢くポイントを貯めるコツです。

Q7.VISAカードで還元率が高いのはどれ?

A.「三井住友カード ナンバーレス」です。

「三井住友カード ナンバーレス」はVISAが選べるカードの中でも、特に還元率が高い一枚です。基本還元率は0.5%、コンビニ3社やマクドナルドの利用時は還元率2.5%となります。

さらに、VISAタッチ決済に対応した店舗であれば、還元率は驚異の5.0%に。カードをかざすだけで支払いが完了するため、スムーズに会計できます。

\セキュリティ万全!コンビニやマクドナルドで最大5%還元/

今すぐ三井住友カード ナンバーレスに申し込む

Q8.Amazonの買い物で還元率が高くなるクレジットカードはどれ?

A. 「JCB CARD W」です。

「JCB CARD W」は、Amazon利用時の還元率が2%と非常に高いカードです。その他にも、セブン-イレブンやスターバックスの利用で還元率がアップします。

また、現在「JCB CARD W」では、Amazonと連動したキャンペーンを実施中。新規入会後にAmazonでカードを使うと、Oki Dokiポイントが30倍貯まります。

対象利用金額の上限は5万円なので、最大7,500円分のポイントが貯まる計算に。期間限定のキャンペーンなので、お早めにお申し込みください。

\最大10%の高還元率!Amazon利用時にポイント3倍!/

今すぐJCB CARD Wに申し込む

Q9.ゴールドカードやプラチナカードにすると還元率がアップするの?

A. 必ずしも還元率がアップするわけではありません。

例えばJCBカードの場合、一般カードの基本還元率は0.5%です。一方、上位の「JCBゴールド」の基本還元率も0.5%と変わりません。

ゴールドカードやプラチナカードは、ポイント還元率というよりも、特典や保険・保証などのサービスを拡充する傾向にあります。

ただし、例外もあります。「セゾン・アメリカン・エキスプレスカード」は、スタンダードな「セゾンパール」の基本還元率が0.5%です。その一方、上位の「セゾンゴールド」では1.5%。年会費こそ発生しますが、セゾン・アメリカン・エキスプレスカードより高還元率です。

将来的にカードのグレードを上げようと考えているのなら、還元率をチェックしましょう。

まとめ:還元率が高いクレジットカード最強の1枚は「三井住友カード ナンバーレス」

還元率が高い最強のクレジットカード

本記事で取り上げたクレジットカードは、どれも基本還元率が高いものばかりです。カードの使い道を考えた上で、最も得をする一枚を選んでください。

それでもあなたがクレジットカード選びで迷っているなら、「三井住友カード ナンバーレス」を強くおすすめします。

その理由は以下の3つです。

  • コンビニ3社・マクドナルドでは5%と驚異の高還元率に
  • スマホアプリで番号を管理する、安心安全なナンバーレスカード
  • iD、QUICKPay、Apple/Google Payなど多くの非接触決済に対応

高還元率のカードでお得に買い物をしつつ、キャッシュレス決済対応でさまざまな場面でクレジットカードを使用するなら「三井住友カード ナンバーレス」を選びましょう!

\コンビニ・マクドナルド利用で最大5%還元! キャッシュレス時代の新定番/

今すぐ三井住友カード ナンバーレスに申し込む

タイトルとURLをコピーしました