【2021年最新】1番お得なクレジットカードは?初心者必見おすすめ人気ランキング

初心者におすすめの1番お得なクレジットカードランキング クレジットカード

「クレジットカードを切り替えたいけど、どれを選べばいいのかわからない」
「今使っているクレジットカードよりもお得なカードを知りたい」

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

クレジットカードは、それぞれポイント還元率や、保険サービスの充実度などが異なります。そのため、全てのクレジットカードを比較するのは困難です。

そこで今回は、クレジットカードを新しく作る方に向けて、便利でお得なクレジットカードを厳選して紹介します。

この記事を読むことで、

  • ポイント還元率がいいクレジットカードを比較検討できる
  • 年会費があるカードがわかり、有用性を検討できる
  • 今まで知らなかったクレジットカードの保険や付帯サービスがわかる
  • 自分に合ったお得な一枚が見つかる

ようになります。ぜひ最後までご覧ください。

2021年現在で特にお得で人気が高いクレジットカードは以下の3枚です。カード選びに迷うようであれば、この中から検討しましょう。

お得なクレジットカードランキング

  1. JCB CARD W|優待店利用でポイント3〜10倍
  2. 楽天カード|楽天のサービス利用でポイント2〜3倍
  3. dカード|ドコモユーザーは持っているだけでお得
  1. 1番お得なおすすめのクレジットカードはどれ?おすすめのカード4選
    1. 1.JCB CARD W|優待店利用でポイント3〜10倍
    2. 2.楽天カード|楽天のサービス利用でポイント2〜3倍
    3. 3.dカード|ドコモユーザーは持っているだけでお得
    4. 4.三井住友カード デビュープラス|ポイントが2倍の18歳〜25歳限定カード
  2. ポイント還元率の高い1番お得なクレジットカード「リクルートカード」
  3. キャンペーン・特典が1番お得なクレジットカード「イオンカードセレクト」
  4. 付帯サービスが1番お得なクレジットカード「アメリカン・エキスプレスカード」
  5. マイル獲得に1番お得なクレジットカード「ソラチカカード」
  6. 保険・補償が1番お得なクレジットカード「三井住友カード」
  7. ネットショッピングが1番お得なクレジットカード「Amazon MasterCard クラシック」
  8. 公共交通機関の定期券に1番お得なクレジットカード「ビュー・スイカ カード」
  9. クレジットカードのお得な使い方2選
    1. ①メインとサブでカードを使い分ける
    2. ②電子マネーをクレジットカードでチャージする
  10. お得なクレジットカードを選ぶ際の3つのポイント
    1. ①ポイント還元率をチェック
    2. ②年会費をチェック
    3. ③保険・付帯サービスをチェック
  11. まとめ:ライフスタイルに合わせて1番お得なクレジットカードを選ぼう

1番お得なおすすめのクレジットカードはどれ?おすすめのカード4選

1番お得なおすすめのクレジットカードはどれ?おすすめ4選

はじめに、1番お得なクレジットカードをランキング形式で紹介します。

カード名 還元率 年会費 保険・付帯サービス
JCB CARD W 1.0%~10.0% 無料 ・海外旅行傷害保険
・ショッピングガード保険
楽天カード 1.0%~3.0% 無料 ・海外旅行傷害保険
dカード 1.0%~4.0% 無料 ・dカードケータイ補償
・お買い物あんしん保険
三井住友カード デビュープラス 1.0%~3.0% 無料 ・お買い物安心保険

上記の4枚は、いずれも

  • 基本の還元率が高い
  • 年会費が永年無料
  • 旅行・ショッピング保険が充実している

という特徴を持っています。以下で各カードの詳細を見ていきましょう。

1.JCB CARD W|優待店利用でポイント3〜10倍

JCB CARD W

引用元:JCB CARD W公式HP

キャンペーン内容・時期 ・Amazon.co.jpの利用でポイント30倍(2021年6月30日まで)
・お友達紹介で最大5,000円分のポイント(2021年9月30日まで)
・家族カードに入会すると2,000円分のギフトカード(2021年9月30日まで)
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%~10.0%
ポイントアッププログラム 優待店(Amazon・セブンイレブン・スターバックスなど)の利用でポイント30倍
国際ブランド JCB
ETCカード 年会費・発行手数料無料
保険 ・海外旅行傷害保険:最高2,000万円
・海外ショッピングガード保険:高100万円
申し込み対象者 18歳以上39歳以下

JCB CARD Wの特徴は次の3つです。

  • Amazonやセブンイレブンではポイント3倍にアップ
  • 基本の還元率が高く、年会費も無料のため使いやすい
  • 最高2,000万円の海外旅行保険サービスが付帯

JCB CARD Wの最大のメリットは還元率の高さにあります。

通常時で1.0%のポイント還元を受けられるだけでなく、JCBの優待店ではさらに還元率がアップ。優待店にはAmazonやセブンイレブン、スターバックスなど、日常的に利用するお店が含まれています。

年会費も無料であるため、コスト面の心配もありません。家族カードやETCカードの発行も無料と、とにかくお得で使い勝手のいいカードです。

また、海外旅行保険・ショッピング保険もしっかり付帯している点も魅力のひとつ。海外に出かける際は、「JCB CARD W」を持っておくと安心できます。

\若者に大人気!優待店利用でポイント3〜10倍!/

今すぐJCB CARD Wに申し込む

2.楽天カード|楽天のサービス利用でポイント2〜3倍

楽天カード

引用元:楽天カード公式HP

キャンペーン内容・時期 ・新規入会&利用で5,000円分のポイント
・友人に紹介すると1,000円分のポイント
・家族カードに同時入会で1,000円分のポイント(いずれも常時開催)
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0~3.0%
ポイントアッププログラム 楽天市場など
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
・American Express
ETCカード 年会費550円(税込)
保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
申し込み対象者 18歳以上

楽天カードの特徴は次の3つです。

  • 楽天市場など系列サービスの利用でポイント還元率が大幅アップ
  • ポイント還元率1.0%でメインカードに最適
  • 国際ブランドに広く対応しており、海外でも使いやすい

楽天カードは、SPU(スーパーポイントアッププログラム)という制度を実施しています。

これは同じ楽天グループでの支払いにカードを使うと、ポイント還元率が大幅に増えるというもの。たとえば、楽天市場や楽天ブックスの利用では、ポイントが3倍にアップします。

このほか、期間限定セールなども頻繁に開催されているため、すでに楽天ユーザーである方には1番お得なクレジットカードです。もちろん、楽天カードへの入会をきっかけに、楽天モバイルや楽天銀行などの各種サービスに加入するのもいいでしょう。

さらに国際ブランド4種類に対応していることもポイント。2~3枚目に持つクレジットカードは、異なるブランドにしておくと旅行の際に便利です。

\楽天のサービス利用でポイント2~3倍!国際ブランドも広く対応/

今すぐ楽天カードに申し込む

3.dカード|ドコモユーザーは持っているだけでお得

dカード

引用元:dカード公式HP

キャンペーン内容・時期 ・入会&利用で最大6,000円分のポイント
・リボ払いの設定で最大2,000円分のポイント
・家族カードの入会&利用で500円分のポイント(いずれも終了日未定)
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0~4.0%
ポイントアッププログラム ・ドコモのケータイ・ドコモ光の利用でポイント10倍
・特約店や加盟店の利用でポイントが加算
・金曜と土曜に買い物をすると還元率+2%(要事前エントリー
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
ETCカード ・初年度無料
※2年目以降は550円(前年度に一度でも利用していれば無料)
保険 ・dカードケータイ補償:購入後1年間・最大1万円
・お買い物あんしん保険:年間100万円まで
・VJデスク:旅行先での日本語サポート
・海外緊急サービス:紛失・盗難時に緊急カード発行
・海外レンタカー:ハーツレンタカーの割引優待
申し込み対象者 18歳以上

dカードの特徴は次の3つです。

  • 還元率1.0%に加え、ドコモ携帯やドコモ光の利用でポイント10倍
  • 独自のケータイ補償サービスで紛失・盗難時も安心
  • 海外旅行でのサポートデスクやレンタカーの割引優待あり

dカードは、ドコモユーザーにおすすめのクレジットカードです。

通常時で1.0%のポイント還元を受けられるだけでなく、ドコモ携帯やドコモ光の支払いに利用すると還元率が10倍にアップ。月々の通信費で賢くポイントが貯まります。

なお、ドコモショップで携帯端末を購入した場合、「dカードケータイ補償」のサービスが受けられます。これはスマホが紛失・破損した場合、再購入金額の一部を負担してくれるというもの。携帯キャリアの補償サービスに加入するよりずっとお得です。

また、dカードは海外旅行のサポートも充実しています。旅行保険こそ付帯しませんが、日本語による電話サポートやレンタカーの割引といった優待を受けることが可能。万が一、旅先でカードを失くした場合は、暫定的に新しいカードも発行してくれます。

ドコモユーザーはdカードの利用が1番お得です。

\ドコモユーザーは持っているだけでお得!安心のケータイ補償つき/

今すぐdカードに申し込む

4.三井住友カード デビュープラス|ポイントが2倍の18歳〜25歳限定カード

三井住友カード デビュープラス

引用元:三井住友カード デビュープラス公式HP

キャンペーン内容・時期 新規入会で最大5,000円分のポイント
年会費 1,375円(税込)
※初年度無料・年1回以上の利用で翌年度無料
ポイント還元率 1.0%〜3.0%
ポイントアッププログラム ・入会後3カ月間はポイント5倍
・その後はつねにポイント2倍
・コンビニ3社とマクドナルドの利用で+2%のポイント還元
国際ブランド Visa
ETCカード 初年度年会費・発行手数料無料
保険 お買物安心保険:年間100万円まで
申し込み対象者 18歳以上25歳以下

三井住友カード デビュープラスの特徴は次の3点です。

  • 入会後3ヶ月間はポイント還元率2.5%!その後も1.0%の高還元率
  • 大手コンビニとマクドナルドの利用で還元率が最大5%
  • 26歳を迎えると自動的にゴールドカードへ切り替わる

最大の利点は、若者を対象にしたポイント還元率の高さにあります。通常の三井住友カードが還元率0.5%であるのに対して、「三井住友カード デビュープラス」の還元率は1.0%。さらに、入会後3カ月間は還元率2.5%にアップします。

また、コンビニ大手(セブン・イレブン、ファミリーマート、ローソン)およびマクドナルドの利用で、ポイント還元率は3.0%にまで達します。特に意識しなくても日常生活でポイントが貯まるため、クレジットカード初心者には最適といえるでしょう。

なお、満26歳を迎えると自動で「三井住友カード プライムゴールド」に切り替わります。さらに満30歳を迎えると「三井住友カード ゴールド」にランクアップ。カードのステータスを着実に上げていくことが可能です。

三井住友カード デビュープラスは、学生をはじめ18歳〜25歳の方にとって1番お得なクレジットカードです。

\ポイントが最大5倍の18歳〜25歳限定カード!まずはこのカードから/

今すぐ三井住友カード デビュープラスに申し込む

ポイント還元率の高い1番お得なクレジットカード「リクルートカード」

リクルートカード

引用元:リクルートカード公式HP

キャンペーン内容・時期 ・JCBカード入会+利用で最大8,000円分のポイント
・家族カードに同時入会で最大1,000円分のポイント
・リボ払いの登録で1,000円分のポイント
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.2%〜4.2%
ポイントアッププログラム 系列サービス「じゃらん」「ホットペッパー ビューティー」「ポンパレモール」の利用で最大4.2%のポイント還元
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
ETCカード 年会費無料(Visa、Masterecardは発行手数料1,000円)
保険 ・海外旅行傷害保険:最高2,000万円
・国内旅行傷害保険:最高1,000万円
・ショッピング保険:年間200万円まで
申し込み対象者 18歳以上

リクルートカードの特徴は次の3つです。

  • 通常利用で1.2%の高還元率は破格
  • リクルートのサービス利用で還元率4.2%にアップ
  • 海外だけでなく、国内旅行保険も付帯

何より特筆すべきは、業界トップクラスの還元率です。

年会費無料でありながら、いつでも、どこでも1.2%のポイントが還元されるのは驚異的。普段の買い物はもちろん、固定費の支払いにも有効利用できます。

さらに、リクルートの運営する各種サービス(じゃらん、ホットペーパー ビューティー。ポンパレモール)の支払いに利用すれば、還元率が最大4.2%にアップします。サロンを頻繁に利用する女性や、旅行好きの方におすすめです。

旅行といえば、海外・国内旅行傷害保険がついている点も見逃せません。同じクラスで、国内旅行の保険が付帯するカードは珍しいといえるでしょう。

通常ポイント還元率が高いリクルートカードは、さまざまな場面でクレジットカードを使用したい方におすすめです。

\ポイント還元率の高さなら一番!旅行やサロンの予約におすすめ/

今すぐリクルートカードに申し込む

キャンペーン・特典が1番お得なクレジットカード「イオンカードセレクト」

イオンカードセレクト

引用元:イオンカードセレクト公式HP

キャンペーン内容・時期 新規入会&利用で最大5,500円分のポイント(2021年7月10日まで)
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5~1.0%
ポイントアッププログラム ・イオングループの対象店舗でポイント2倍
・毎月10日はどこでもポイント2倍
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
ETCカード 年会費・発行手数料無料
保険 ショッピング保険:年間50万円まで
申し込み対象者 18歳以上

イオンカードセレクトの特徴は次の3つです。

  • 新規入会&利用で最大5,500円分のポイントがもらえる
  • イオングループの店舗ではポイント2倍にアップ
  • イオンカード共通の割引特典も多数

日頃からイオンの店舗を利用している方におすすめのカードです。

現在開催中のキャンペーンでは、新規入会&4万円以上の利用で5,500円分のWAONポイントがもらえます。達成条件はそこまで難しくないため、入会するなら今がチャンスとなっています。

イオングループの店舗(ダイエー・まいばすけっと等)の利用で、ポイント還元率が2倍にアップ。さらに毎月10日の「ときめきWポイントデー」には、イオン以外のお店でもポイント2倍になります。

その他、イオンカードにはさまざまな共通特典があります。代表的なものとしては、毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」には買い物代金が5%オフに。また、イオンシネマでの映画鑑賞も300円引きになります。

日頃からイオングループの店舗を利用している方にはイオンカードセレクトがおすすめです。

\キャンペーン終了まであとわずか!イオンで買い物をする方は必見/

今すぐイオンカードセレクトに申し込む

付帯サービスが1番お得なクレジットカード「アメリカン・エキスプレスカード」

アメリカン・エキスプレス・カード

引用元:アメリカン・エキスプレスカード公式HP

キャンペーン内容・時期 入会後3ヶ月以内の利用で最大18,000円ポイント(終了日未定)
年会費 13,200円(税込)
ポイント還元率 0.3~0.5%
ポイントアッププログラム
国際ブランド American Express
ETCカード 年会費無料・発行手数料935円(税込)
保険 ・海外旅行傷害保険:最高5,000万円
・ショッピング・プロテクション:年間500万円まで
申し込み対象者 18歳以上

アメリカン・エキスプレスカードの特徴は次の3つです。

  • 海外旅行保険は最高5,000万円まで補償
  • 空港ラウンジや手荷物配送などのサービスが充実
  • 入会後3ヶ月の利用額に応じて最大18,000ポイントがもらえる

アメリカン・エキスプレスは付帯サービスに定評があります。海外旅行保険は最高5,000万円まで保証してくれるため、万が一の際でも安心。会員専用の旅行サイトを利用すれば、ホテルや旅券の手配も簡単です。

その他、通常は1万円以上の年会費がかかる空港VIPラウンジを無料で利用できたり、スーツ―ケースの無料配送サービスを受けられたりと、多数の特典があります。年会費はかかるものの、海外旅行や出張が多い方にはおすすめのカードです。

現在、入会後の利用額に応じて最大18,000ポイント(6,000円~9,000円相当)がもらえるキャンペーンが開催中です。

まだステータスカードをお持ちでない方も、この機会にアメックスに入会しましょう。

\最高5,000万円の海外旅行保険つき!ラウンジ利用の豪華特典も/

今すぐアメリカン・エキスプレスカードに申し込む

マイル獲得に1番お得なクレジットカード「ソラチカカード」

ソラチカカード

引用元:ソラチカカード公式HP

キャンペーン内容・時期 新規入会で1,000マイルをプレゼント
年会費 2,200円(税込)
※初年度無料
ポイント還元率 0.5%(Oki Dokiポイントの場合)
ポイントアッププログラム 東京メトロに1回乗車すると5ポイント(休日は15ポイント)が貯まる
国際ブランド JCB
ETCカード 年会費・発行手数料無料
保険 ・海外旅行傷害保険:最高1,000万円
・国内航空傷害保険:最高1,000万円
・海外ショッピング補償:最高100万円
申し込み対象者 18歳以上

ソラチカカードの特徴は次の3つです。

  • 一枚のカードで3種類のポイントが貯まる
  • ANAマイルへの交換レートが非常に高い
  • 国内外の旅行保険に1,000万円まで対応

ANAのマイルを貯めたい方におすすめのカードです。PASMOとANAカードの機能が組み合わさったカードであり、利用シーンに応じて「メトロポイント」「Oki Dokiポイント」「ANAマイル」のいずれかが貯まります。

注目すべき点として、ANAマイルの交換レートが挙げられます。上記の「メトロポイント」を「ANAマイル」に移行する場合、その交換レートは0.9%。他のクレジットカードを大きく上回る水準です。

ANAのカードというだけあって、国内旅行保険もしっかりカバー。最高1,000万円まで保証してくれます。

普段の生活でマイルを貯める「陸マイラー」には、ソラチカカードがおすすめです。

\ANAマイルを貯めるには最適!3種類のポイントを使い分けよう!/

今すぐソラチカカードに申し込む

保険・補償が1番お得なクレジットカード「三井住友カード」

三井住友カード

引用元:三井住友カード公式HP

キャンペーン内容・時期 ・新規入会&利用で最大5,000円分のポイント
・リボ払いの設定&利用で1,000円分のポイント(終了日未定)
年会費 ・ナンバーレスカード:永年無料
・通常カード:1,375円(税込)※WEB入会で初年度無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
ポイントアッププログラム ・コンビニ3社とマクドナルドの利用で+2%のポイント還元
・Visaのタッチ決済、Mastercardのコンタクトレス決済で+2.5%のポイント還元
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
ETCカード 年会費・発行手数料無料
保険 ・海外旅行傷害保険:最高2,000万円
・お買い物安心保険:年間100万円まで
申し込み対象者 18歳以上

三井住友カードの特徴は次の3つです。

  • 旅行保険やショッピング保険が付帯しており、セキュリティも高い
  • 大手コンビニやマクドナルドの利用で+2.0%のポイント還元
  • 自分が選んだ3店舗で+0.5%のポイント還元

三井住友カードは、クレジットカードの中でも特にスタンダードな一枚です。

旅行傷害保険やショッピング保険といったサービスの充実度はもちろん、セキュリティの面でも優れています。カード番号を裏面に印字した「通常カード」のほか、カード番号をアプリで管理する「ナンバーレスカード」も人気です。

また、ポイントが貯まりやすい点も魅力のひとつ。コンビニ3社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)およびマクドナルドで利用すると、還元率が最大5.0%にアップします。

さらに、事前エントリーをすることで、自分の指定した店舗での還元率が+0.5%にアップする点も見逃せません。幅広いサービスを受けたい人には三井住友カードがおすすめです。

\キャッシュレス時代の大定番!最大還元率5.0%でお得に利用/

今すぐ三井住友カードに申し込む

ネットショッピングが1番お得なクレジットカード「Amazon MasterCard クラシック」

Amazon MasterCard クラシック

引用元:Amazon MasterCard クラシック公式HP

キャンペーン内容・時期 新規入会で7,000円分のポイント(終了日未定)
年会費 1,375円(税込)
※初年度無料・年1回以上の利用で翌年度無料
ポイント還元率 1.0~2.0%
ポイントアッププログラム Amazon.co.jpの利用でポイント2%還元(プライム会員)
国際ブランド Mastercard
ETCカード 年会費550円(税込)
※初年度無料・1回以上の利用で翌年度無料
保険 ショッピング補償:年間100万円まで
申し込み対象者 18歳以上

Amazon MasterCard クラシックの特徴は次の3つです。

  • Amazon.co.jpでの買い物でポイント2%還元
  • Amazonプライム特典が使い放題
  • 貯めたAmazonポイントはそのままAmazonで使える

文字通り、Amazonでの買い物がお得になるカードです。

通常の利用では還元率1%のところ、Amazon.co.jpの利用では2%にアップ。年会費もほぼ無料(年1回以上の利用が条件)のため、Amazonを少しでも利用するなら持っておいて損はありません。

また、通常は年会費4,900円かかるAmazonプライムの特典が無料で使える点も重要です。配送料サービスやセールへの参加、Amazonプライムビデオの視聴など、プライム会員の特典は数えきれません。プライム特典だけでもカードを作るメリットは十分にあります。

なお、還元されたAmazonポイントは自動でAmazonアカウントに反映されます。ポイント交換の手間が省ける上に、うっかり交換し忘れる心配もないでしょう。

オンラインショッピングでいつもAmazonを利用している人には、Amazon MasterCard クラシックがおすすめです。

\Amazonユーザー必見!プライム会員特典つきでサブカードにも最適/

今すぐAmazon MasterCard クラシックに申し込む

公共交通機関の定期券に1番お得なクレジットカード「ビュー・スイカ カード」

ビュー・スイカ カード

引用元:ビュー・スイカ カード公式HP

キャンペーン内容・時期 Mastercardへの入会&利用で最大7,000円分のポイント
(2021年6月30日まで)
年会費 524円(税込)
ポイント還元率 0.5%~
ポイントアッププログラム 定期券購入やチャージでポイント3倍
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
ETCカード 年会費477円
保険 ・海外旅行傷害保険:最高1,000万円
・国内旅行傷害保険:最高500万円
・紛失時補償:クレジット利用額やSuicaのチャージ残額などを補償
申し込み対象者 18歳以上

ビュー・スイカカードの特徴は次の3つです。

  • Suica機能つきで定期券としても利用可能
  • 定期購入やチャージで使用すると還元率1.5%に
  • 貯めたポイントはSuicaに充当できる

ビュー・スイカカードは、SuicaとJRE POINTカードが一体となったクレジットカードです。

裏面に情報が書き込めるようになっており、JRやバスの定期券としても利用できます。カードを取り出すわずらわしさがないため、通勤や通学には非常に便利といえます。

通常のカード利用で0.5%のJRE POINTが還元されるほか、定期券の購入やSuicaへのチャージで還元率が1.5%になります。交通費は月々の支払いの中でも大きなウェイトを占めるもの。ポイント還元によるメリットは非常に大きいでしょう。

なお、貯めたJRE POINTは、1ポイント1円単位でSuicaにチャージできます。使い勝手のいいSuicaに交換すれば、ポイントを無駄にすることもありません。

普段Suicaを利用している方や、公共交通機関の利用が多い方は、ビュー・スイカ カードがおすすめです。

\JR定期券の購入ならこのカード!Suicaへのチャージで使い勝手も抜群/

今すぐビュー・スイカ カードに申し込む

クレジットカードのお得な使い方2選

クレジットカードのお得な使い方2選

日常的にカードを使っていれば、ポイントは少しづつ貯まっていきます。しかし、カードをさらにお得に利用するためには、ちょっとした工夫が必要です。

クレジットカードのお得な使い方は次の2つです。

  • メインとサブでカードを使い分ける
  • 電子マネーとクレジットカードでチャージする

それぞれのポイントについて解説していきます。

①メインとサブでカードを使い分ける

ここまで見てきたように、クレジットカードにはさまざまな種類があります。カードごとの特徴を把握した上で、複数枚を使い分けることが重要です。

クレジットカード初心者の方は、まず「メインカード」と「サブカード」の最低2枚を持つようにしましょう。

このうちメインカードは、できる限り通常利用時の還元率が高いもの選んでください。普段の買い物や毎月の固定費をメインカードにまとめることで、効率よくポイントが貯められます。

その上で、特定の使い方に限定したサブカードを持っておきましょう。

「Amazonで使うカード」や「旅行のときに使うカード」といったように、シチュエーションごとに使い分けることで、そのカードのメリットを最大限に引き出せます。

②電子マネーをクレジットカードでチャージする

クレジットカードによっては、電子マネーのチャージに利用することでポイントを「二重取り」できるものがあります。

たとえば「イオンカードセレクト」の場合、通常のカード利用で貯まるポイントは、利用額の0.5%分に過ぎません。

しかし、このカードを使ってWAONにチャージし、ショッピングに利用すれば、1%のWAONポイントが付与されます。

計算式にすると

ときめきポイント0.5%(クレジットカードによるWAONチャージ分)+WAONポイント1%(WAON利用分)=合計還元率1.5%

となり、2種類のポイントの還元率を合計すると1.5%に達します。

これがポイントの「二重取り」と呼ばれる仕組みです。電子マネー決済を多用すればするほど、より多くのポイントが貯められます。

お得なクレジットカードを選ぶ際の3つのポイント

お得なクレジットカードを選ぶ際の3つのポイント

お得なクレジットカードを選ぶ際には以下3つのポイントをおさえることが大切です。

  • ポイント還元率をチェック
  • 年会費をチェック
  • 保険・付帯サービスをチェック

ここからは、それぞれのポイントについて解説していきます。

①ポイント還元率をチェック

ポイント還元率というのは、クレジットカードの利用額に対して、ポイントで戻ってくる金額の割合を示したものです。

たとえば、カードの利用金額100円に対して、1円分のポイントが付与される場合

1円(付与されるポイントの金額換算)÷100円(カードの利用金額)=1%

となり、ポイント還元率は1%です。

基本的には、ポイント還元率が高いほどお得です。特にメインカードとして使うのであれば、還元率1.0%以上のカードを選ぶといいでしょう。

②年会費をチェック

クレジットカードの中には、年会費が発生するものがあります。

年会費のパターンとしては、

  • 年会費永年無料
  • 所定の年会費がかかる
  • 年会費がかかるが、年に1回利用すれば翌年度無料

の3つに大別できます。

条件を満たすことで年会費無料になるカードは、利用を忘れなければ特に問題ありません。注意すべきは、必ず年会費が発生するパターンです。

利用状況によっては、ポイントや特典のメリットよりも、年会費の方が高くつく可能性もあります。年会費のもとを取るためにはどの程度利用する必要があるのか、申し込む前に計算しておきましょう。

もちろん、年会費が発生するカードはサービスも充実していることがほとんです。固定費の支払いなど、あらかじめ利用シーンを決めておけば、メリットを最大限に活かすことができます。

③保険・付帯サービスをチェック

多くのクレジットカードには、旅行保険やショッピング保険が付帯します。

万が一の事故があった際に補償してくれるものなので、金額などの規定をチェックしておきましょう。

旅行保険には以下の2種類があります。

  • 自動付帯:カードを持っているだけで保険適用
  • 利用付帯:代金をカードで支払った場合のみ保険適用

利用付帯のカードは、チケット予約の際など旅行時に忘れず利用してください。

また、ステータスが高いカードは、上質の付帯サービスが特徴的です。たとえば、空港VIPラウンジの利用や高級レストランの割引など、一般カードには見られないサービスです。

お得にクレジットカードを発行するためには、発行前から利用シーンを考えて、最も効率よくサービスを受けられるカードを選びましょう。

まとめ:ライフスタイルに合わせて1番お得なクレジットカードを選ぼう

ライフスタイルに合わせて1番お得なクレジットカードを選ぼう

お得なクレジットカードを発行するために重要なのは、自分自身の目的に合ったカードを選ぶことです。

クレジットカード選びに失敗しないためにも、カード選びには以下3つのポイントをおさえておきましょう。

  • ポイント還元率をチェック
  • 年会費をチェック
  • 保険・付帯サービスをチェック

クレジットカードを発行する前に利用シーンを考えて、よりお得にポイントを受け取れるカード、より多くのサービスを受けられるカードを選ぶことが大切です。

中でも特にお得で人気が高いクレジットカードは以下の3枚です。カード選びに迷うようであれば、この中から検討しましょう。

お得なクレジットカードランキング

  1. JCB CARD W|優待店利用でポイント3〜10倍
  2. 楽天カード|楽天のサービス利用でポイント2〜3倍
  3. dカード|ドコモユーザーは持っているだけでお得
タイトルとURLをコピーしました