SBI証券の評判・口コミ!メリット・デメリットから危険性まで10分で理解!

SBI証券 評判 アイキャッチ ネット証券

投資に興味がある方なら一度は聞いたことがあるであろう「SBI証券」ですが、その評判が気になりますよね。大切な資産を預けるのですから、評判が良いのか悪いのか、どのような特徴があるのか、客観的に知ることが大切です。

本記事を読めば、SBI証券の評判が分かるだけでなく、口コミからメリット・デメリットまで10分ほどで理解できます。全体を客観的に眺めることができるので、安心して始められるのか、使い続けて問題ないのか判断する助けになるでしょう。

今回は初心者の方でも理解できるよう、最低限知っておきたい知識だけを解説しました。本記事を読んで少しでもSBI証券に興味が湧いた方は、ぜひ下記ボタンからより詳しい情報もチェックしてみてください。

SBI証券の公式サイトはこちら

 

  1. SBI証券の評判!ネット証券No1の総合力!
    1. SBI証券の評判①手数料が低く無料になることも
    2. SBI証券の評判②IPO取り扱い数はネット証券トップクラス
    3. SBI証券の評判③外国株の取り扱いも豊富
    4. SBI証券の評判④Tポイントが使えて貯まる!
    5. SBI証券の評判⑤つみたてNISAやiDeCoなどのサービスも充実
  2. SBI証券の評判と口コミは?悪いものあるが意外な高評価も!
    1. 良い口コミ・評判!とにかく手数料がお得!
    2. 悪い口コミ・評判!使い勝手に関する意見も?
  3. SBI証券のメリットは?初心者にもやさしい仕組みが充実
    1. S株で気軽に投資!有名銘柄にも少額から投資ができる
    2. 投資を自動化!WealthNavi for SBI証券で徹底サポート
    3. PTS(夜間取引)対応!業績内容を確認してから取引OK
  4. SBI証券のデメリットは?手数料やデモ口座での我慢ポイントも
    1. IPO当選確率が低い!大手なのでユーザーも多め
    2. 手数料が業界最安値でない場合も!FXに関しては注意
    3. デモ口座の開設は不可!デモ画面で我慢しよう
  5. SBI証券の口座開設方法は?3つのポイントを押さえればOK
    1. SBI証券口座開設の必要書類は?ネット申し込みも可能
    2. SBI証券口座開設の手順と入金方法は?全部で5種類
    3. SBI証券口座開設は遅い?郵送の場合は10日かかることも
  6. SBI証券の基本情報が知りたい!アプリから問い合わせ先まで解説
    1. SBI証券の取引ルールは?ポイントは時間・商品・ツール
    2. SBI証券の概要は?ネット証券最大手会社が運営
  7. SBI証券の評判に関するQ&A
    1. ネット証券は危険ではないですか?
    2. SBI証券は初心者でも大丈夫ですか?
    3. SBI証券はどんな人におすすめですか?
    4. SBI証券とSBI FXトレードの違いは?
    5. SBI証券とSBIネオモバイル証券の違いは?
  8. SBI証券の評判は良い!ネット証券の中でも口座開設数No1

SBI証券の評判!ネット証券No1の総合力!

SBI証券の評判!ネット証券No1の総合力!
結論から申し上げると、実際の投資家の間でも「SBI証券の評判は良い」という声が多いです。その理由としては、SBI証券を知る上での特徴とも言える下記の5つが挙げられます。

  • 手数料が低く無料になることも
  • IPO取り扱い数はネット証券トップクラス
  • 外国株の取り扱いも豊富
  • Tポイントが使えて貯まる!
  • つみたてNISAやiDeCoなどのサービスも充実

口座開設数ネット証券NO1のSBI証券の特徴を知れば、評判にもきっと納得できるでしょう。

SBI証券の評判①手数料が低く無料になることも

SBI証券の手数料は数あるネット証券業界最安値で、場合によっては無料になることもあります。SBI証券はネット証券のため基本的に実店舗を持たず、運営費をカットしてその分手数料として還元できるためです。

例えば他社の手数料を比較すると、取引額が大きくなればなるほど、他社との差が大きくなることが分かります。SBI証券の場合、アクティブプランで1日の約定代金合計が100万円以下であれば手数料を無料にすることが可能です。

金額 SBI証券
スタンダードプラン
楽天証券超割コース auカブコム証券
5万円 税込55円 税込55円 税込99円
10万円 税込99円 税込99円 税込99円
20万円 税込115円 税込115円 税込198円
50万円 税込275円 税込275円 税込275円
100万円 税込535円 税込535円 税込1,089円

SBI証券の評判②IPO取り扱い数はネット証券トップクラス

SBI証券はIPOに挑戦したい投資家の方にも自信を持っておすすめできます。なぜならばSBI証券のIPO取り扱い数はネット証券会社の中でもトップクラスだからです。

例えばSBI証券が2020年に取り扱ったIPOの数は、他社ダントツの85社。

IPO実績 関与率 抽選方法
SBI証券 85社 94.9% 完全抽選70%
SMBC日興証券 52社 78.5% 完全平等抽選
マネックス証券 50社 46.8% 100%完全平等抽選

抽選に外れてしまっても、IPOポイントを貰えるため、次回の抽選で当たりやすくなるのもメリットです。

SBI証券の評判③外国株の取り扱いも豊富

SBI証券は他のネット証券と比べても、外国株取り扱い国数が最も多い証券会社と言えます。なぜならば、SBI証券はネット証券会社の中でも最大手であり、当然外国株にも力を入れているからです。

実際に米国株式は約3,500銘柄を取り揃えているほか、下記の表の通り、世界各国の外国株式を豊富に取り扱っています。

株式 取扱い銘柄数
米国株式 約3,500銘柄
中国株式 約1,400銘柄
韓国株式 約60銘柄
ベトナム株式 約320銘柄
ロシア株式 約30銘柄

SBI証券の評判④Tポイントが使えて貯まる!

SBI証券ではTポイントサービスがあり、Tポイントを貯めれば全国のさまざまな場所やタイミングで利用できてお得です。といいますのも、投資信託の買い付けに貯まったTポイント利用できるほか、国内株式や投資信託など取引に応じてTポイント取得できます。

Tポイントの利用には上限や下限はなく、少ない方も多い方も自由に利用ポイントを指定可能。Tポイントの使い道に困っていた人やポイントで投資をしてみたい人には、お得なサービスです。

Tポイント利用単位 1ポイント1円分として利用可能
・利用上限:なし
・利用下限:なし
対象銘柄 当社取扱の投資信託
対象サービス 金額指定の買付
(積立買付、口数買付は対象外)
対象ポイント Tポイント
期間固定Tポイント

SBI証券の評判⑤つみたてNISAやiDeCoなどのサービスも充実

SBI証券は「つみたてNISA」や「iDeCo」などの利用を考えている方に最適。業界最大手のSBI証券なら、つみたてNISAやiDeCoなどで利用できる銘柄も非常に豊富だからです。

例えば大手メガバンクによっては、つみたてNISAで選べる商品が数種類しかないこともありますが、SBI証券では174種類もの銘柄を取り扱っています。(2021年3月現在)SBI証券なら、つみたてNISAで長期の資産形成を目指したい人にとって、選択しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

 

SBI証券の評判と口コミは?悪いものあるが意外な高評価も!

SBI証券の評判と口コミは?悪いものあるが意外な高評価も!
SBI証券は600万もの総合口座開設数を誇る大手ネット証券のため、ユーザー数が多く口コミも豊富です。今回は、

  • NISAやiDeCoの口コミ
  • 投資信託やETFに関する口コミ
  • 純金積立に関する口コミ
  • セキュリティに関する口コミ
  • Tポイントに関する口コミ

などを「良い口コミ・評判」と「悪い口コミ・評判」に分けてご紹介します。SBI証券に対する投資家の正直な口コミを悪いものも含めて見ていきましょう。

*2chも探してみましたが有益な情報はありませんでしたので、今回はツイッターとWebサイトからの口コミをご紹介します。

良い口コミ・評判!とにかく手数料がお得!

SBI証券でつみたてNISAを始めました。数字という形で結果が見えるのは、貯金が増えていくのとは違う嬉しさがあります。SBI証券はNISAだけでなくiDeCoも評判が良いみたいなので気になっています。

SBI証券では積み立てNISAやiDecoなども利用でき、SBI証券で口座開設を行う人も多いようです。FXに関しては実際の投資家から「チャートが他社よりも見やすい」という意見がありました。

SBI証券はFXのチャートがよくまとまっています。予測などもあり、特にPCだと見やすいと思います!

SBI証券で投資信託を購入している人もたくさんいます。プランによっては手数料が無料になるため、メイン証券として使っている人も多いようですね。

手数料がとにかく安いので、SBI証券で投資信託を行っています。銘柄も多くメイン証券として使うには十分です。アクティブプランなら100万円まで手数料0円。チャートも見やすく最高です。

「SBI証券と楽天証券で迷っている」という方もいました。どちらも大手ネット証券なので、違いが知りたいという声が多いです。

SBI証券と楽天証券ってどっちが良いですか?非楽天経済圏に住んでいるので楽天証券だとメリットが少ないかな…と感じています。SBI証券を利用予定なのですが、悩んでいます。

そして何より、SBI証券のメリットは米国ETFの定期買い付けサービスがあることです。これは楽天証券にはない、SBI証券独自のサービスなので必ず覚えておきましょう。

つみたてNISAは楽天証券、iDeCoはSBI証券を使っています。SBI証券のETF自動積立が気になっていますが…どうなんだろう?

取引ごとにTポイントが貯まるのも他のネット証券にはないSBI証券のメリットです。

SBI証券で取引をするとTポイントが貯まるみたいです。楽天証券に費やすのは5万円までにして、残りはSBI証券で買うことにしてみました。

SBI証券での純金積立に関しては、下記のようなメリットを指摘した口コミもありました。

SBI証券では金の参考価格が5秒ごとに更新されますので、積立購入以外でも、狙った価格のタイミングで取引がしやすいです。手数料も他社と比べて比較的安いと思います。

また、SBI証券はセキュリティ対策のためセキュリティの低いパスワードを自動リセットするサービスがあります。

今日SBI証券から「パスワードの変更を承りました」というメールがきました。不正ログインかと思いビクつきましたが、セキュリティの低そうなパスワードを使っていると、自動的にパスワードがリセットされるみたいです。コールセンターに電話しそうになりました。皆さんも冷静に対応してください。

悪い口コミ・評判!使い勝手に関する意見も?

マイナスの口コミとしては、IPOの当選に関するものがありました。

IPO一度も当たったことがありません。取り扱い数は多いようですが、、平等抽選ではなく競争率も高めだと思います。

SBI証券の口コミは総合力を評価した良い評判が多いですが、中にはIPOに関しては大手だからこそライバルが多い…という実情もあるようです。

SBI証券のサイトはちょっと視覚的に見づらいです。値は見やすいので改善すれば評判が良くなると思います。
CFDまで扱っているのはありがたいですが、取り扱いサービスが多すぎて操作画面がわかりにくいです。情報量が多すぎて最初は戸惑いました。

サイトが見づらい…というのはSBI証券に対して頻繁に聞かれる口コミです。初心者にとってはマイナスかもしれませんが、見づらいというのは「情報が充実している」ことの裏返しであるとも言えます。

慣れれば情報量の多さをメリットに感じることもあると思いますので、あまり口コミに流されないようにしたいですね!

 

SBI証券のメリットは?初心者にもやさしい仕組みが充実

SBI証券のメリットは?初心者にもやさしい仕組みが充実
ここまでは、SBI証券の口コミや評判について見てきましたが「具体的なメリット」が知りたい方も多いでしょう。結論から申し上げると、SBI証券を利用するメリットは下記の3つです。

  • S株で気軽に投資OK
  • 投資を自動化できる
  • PTS(夜間取引)対応可能

これらの情報は特に投資初心者の方が投資を始める助けとなりますので、頭に入れておくことをおすすめします。

S株で気軽に投資!有名銘柄にも少額から投資ができる

少額から気軽に投資をしたい方は、SBI証券のメリットを感じやすいでしょう。SBI証券では単元未満株(S株)を使って、約2,000銘柄の株に投資することが可能だからです。

通常、株の取引といえば、100株(1単元)からしか行えませんが、S株なら1株単位(単元未満)から取引OK。1株1,000円未満で購入できる銘柄が約2,000銘柄もあるため、初心者でも気軽に始められます。

S株は「まずは少額から投資家デビューをしてみたい」という人にとって優しい仕組みです。

投資を自動化!WealthNavi for SBI証券で徹底サポート

SBI証券では、投資を自動化できるロボアドバイザー「WealthNavi」を利用できます。といいますのも、WealthNaviは業界でも人気のロボアドバイザーで、運用者数・預かり資産は業界NO1という実績あり。

例えば、投資に割く時間が足りない人や投資初心者の人でも、WealthNaviに任せることで金融商品の選定などを全て自動化できます。世界中に分散投資してくれるため、自動でリスク分散ができ安心感も抜群。これから投資を始めてみたい人や、自身の裁量だけでは不安だと思う人に嬉しい徹底サポートが魅力です。

PTS(夜間取引)対応!業績内容を確認してから取引OK

「株は昼間しか取引できないから会社員の自分は挑戦できない」という方にもSBI証券は安心。SBI証券では信用取引は15時までですが、PTSがあるため夜間でも取引が可能だからです。

多くの会社が15時以降に決算発表を行うため、業績内容を確認してからじっくり夜間取引を行えます。夜間取引では手数料が安くなるほか、有利な値段で取引できるチャンスがあるなど、メリットも多いでしょう。

SBI証券であれば、海外のニュースを確認しながら夜間にリアルタイムで取引ができます。

 

SBI証券のデメリットは?手数料やデモ口座での我慢ポイントも

SBI証券のデメリットは?手数料やデモ口座での我慢ポイントも
先ほどの見出しでは、はSBI証券のメリットを3つ解説しましたが、もちろんSBI証券にはデメリットもあります。

  • IPO当選確率が低い
  • 手数料が業界最安値でない場合も
  • デモ口座の開設は不可

ここでは、口座開設後に慌てることのないよう、デメリットについても知っておきましょう。

IPO当選確率が低い!大手なのでユーザーも多め

SBI証券のIPO当選率は低く「なかなか当たらない」という利用者の口コミも多いです。これは、

  • SBI証券のIPO購入が完全抽選である
  • 口座数550万とネット証券最大のためライバルが多く当選率が下がるから

です。

実際にIPOの当選確立は1%~2%と言われており、100人中1人か2人しか当たらない世界。ただSBI証券では次回当選の勝率を上げる「IPOチャレンジポイント」という制度がありますので、利用してみるのも良いでしょう。

手数料が業界最安値でない場合も!FXに関しては注意

SBI証券には口座は2種類あり、手数料が最安値ではない場合があるので注意が必要です。というのも、特にFXに関してはSBI証券よりも、SBI XFトレードの方が基本的に有利になっています。

例えば同じ米ドル円ペアであっても、SBI XFトレードが0.1銭なのに対し、SBI証券は0.2円。ユーロ円に関して言えば、SBI FXトレードが0.28銭なのに対しSBI証券は0.5銭のケースもあります。

SBI証券はFX専業業者ではなく、株取引や投資信託などを中心に力を入れているため、FXに関してはSBI FXトレードの方が有利です。

デモ口座の開設は不可!デモ画面で我慢しよう

本番と同じ環境で取引体験ができるデモ口座ですが、実はSBI証券では開設できません。ただし、Web取引のデモ画面はあるため、初心者の人などはデモ画面で勉強しましょう。

またSBI証券では少額からの投資もできるため、デモ画面を確認しながらリスクの少ない実績を積んでいくことが可能です。しかしデモ口座で練習できないため、リアルマネーで実績を積んでいくしかないのは、少なからずデメリットになります。

 

SBI証券の口座開設方法は?3つのポイントを押さえればOK

SBI証券の口座開設方法は?3つのポイントを押さえればOK
SBI証券の評判や口コミ、メリットやデメリットが分かったら、最後に確認するのは口座開設方法です。SBI証券の口座開設をする際に知っておきたい3つの大切なポイントは、下記の通りです。

  • 必要書類
  • 口座開設の手順と入金方法
  • 口座開設にかかる日数

SBI証券の口座開設は簡単にできますが、郵送の場合は日数がかかりますので注意してください。

SBI証券口座開設の必要書類は?ネット申し込みも可能

SBI証券口座の開設に必要な書類はマイナンバーカードと本人確認ができるものです。本人確認書類として提出できるのは

  • 免許証
  • 住民票の写し
  • 日本国パスポート
  • 年金手帳
  • 印鑑証明書

などがあります。ただしスマートフォンを持っている方はマイナンバーカードのみ、または通知カードと運転免許証での開設も可能です。

スマートフォンの場合は取引開始までネットで完結でき、最短翌営業日には口座が開設されます。特別な理由がない限り、スマートフォンから口座開設した方が手っ取り早く簡潔です。

SBI証券口座開設の手順と入金方法は?全部で5種類

SBI証券は豊富な入金方法を用意しており、即時反映してほしい人から直接入金したい人まで、多くのニーズに応えてくれます。入金方法は、

  • 即時入金
  • リアルタイム入金
  • 銀行振込
  • 振替入金
  • ATMカード

の5種類。例えば即時入金の場合、入金から反映まで即時に行うことができますし、リアルタイム入金ではネットバンキングの登録なしで取引ができます。

自分のやりやすい方法で入金できるため、誰でも安心して取引を開始できるでしょう。

SBI証券口座開設は遅い?郵送の場合は10日かかることも

SBI証券で取引用の新規口座を開設するなら、オンラインでの開設を強くおすすめします。郵送の場合口座開設申込書を返送してから、実際の口座が開設されるまでに10日かかる場合があるからです。

実際オンラインであれば、口座開設までにネットで完結するだけでなく、申し込みから最短翌営業日には取引が可能です。スマートフォンがあれば誰でも簡単に申し込めるため、忙しい人も時間を取られません。

 

SBI証券の基本情報が知りたい!アプリから問い合わせ先まで解説

SBI証券の基本情報が知りたい!アプリから問い合わせ先まで解説
口座開設の最中や管理画面で作業をしている時、疑問点が浮かんでくることもあるでしょう。ネットで調べることも可能ですが、取引ルールや問い合わせ先なども知っておきたいですよね。ここでは、

  • SBI証券の取引ルール
  • SBI証券の概要

という2点についてまとめました。

SBI証券の取引ルールは?ポイントは時間・商品・ツール

SBI証券では株・FX・投資信託で異なるアプリが用意されており、大切な情報を見逃さない工夫がなされています。

便利な機能が盛り込まれているため、勉強しながら取引を行っていくことが可能です。

取引時間 9:00~11:30、12:30~15:00
PTS取引 取扱時間 8:20~16:00、16:30~23:59
取扱商品 国内株式
外国株式
投資信託
債券
FX(外国為替保証金取引)
先物・オプション CFD(くりっく株365) 金・銀・プラチナ
eワラント
保険
注文ツール・アプリ HYPER SBI
「SBI証券 株」アプリ・かんたん積立 アプリ
HYPER FXアプリ・HYPER 先物オプションアプリ
取引所CFD アプリ -くりっく株365

SBI証券の概要は?ネット証券最大手会社が運営

SBI証券は、主要ネット証券の中でも大きな人気を誇り、一定の信頼性もあります。理由としては、SBIホールディングスという大手企業が運営するグループ企業だからです。

実際にSBI証券の口座開設数は550万件を突破し、国内株式の個人売買代金シェア率は約40%を占めるほど。初心者に優しいサポート体制も整っているため、気軽に口座開設しやすい特徴があります。

会社名 株式会社SBI証券
公式サイト https://www.sbisec.co.jp/ETGate
設立年月 1944年3月30日
本社所在地 東京都港区六本木1-6-1
問い合わせ先 チャット・コールセンター・メール

 

SBI証券の評判に関するQ&A

SBI証券の評判に関するQ&A
これまでSBI証券の特徴や口座開設方法を解説してきましたが、疑問は全て解消されましたか?ここでは、おすすめの人や他サービスの違いなど、SBI証券に関するよくある質問を集めました。

  • ネット証券は危険ではないですか?
  • SBI証券は初心者でも大丈夫ですか?
  • SBI証券はどんな人におすすめですか?
  • SBI証券とSBI FXトレードの違いは?
  • SBI証券とSBIネオモバイル証券の違いは?

SBI証券で投資を行う際に知っておくとお得な知識もありますので、ぜひ参考にしてください。

ネット証券は危険ではないですか?

ネット証券ということで不安に思う方もいるかも知れませんが、SBI証券には相応の信頼性があります。なぜならば、SBI証券はSBIホールディングスという、大手企業のグループ企業に属しているからです。

実際にSBI証券を含むネット証券企業は、ハッキングや個人情報漏洩など入念に対策しています。SBI証券には対面相談ができる「投資相談サービス」がありますので、気になる方は利用してみましょう。

SBI証券は初心者でも大丈夫ですか?

SBI証券は株・FX・投資信託等を始めてみたい初心者でも低リスクで始められます。初心者でも始めやすいよう万全のサポート体制があるほか、少額からも投資できる商品が豊富にあるからです。

実際に1,000円未満から投資できる単元未満株は、約2,000株もの取り扱い数を誇ります。もちろん1株からでも、持っている株数に応じて配当金を得られるため、低リスクでの投資体験が可能です。

SBI証券はどんな人におすすめですか?

SBI証券は、少額投資を行いたい人や、IPO投資を見当している人におすすめです。なぜならば、SBI証券は単元未満で購入できる商品数が豊富なほか、IPO取り扱い銘柄数がトップクラスだからです。

例えば、IPOならSBI証券の取り扱い数が86社なのに対し、SMBC日興証券は62社と20社以上もの差があります。取り扱い数が多いということは、それだけ他の企業と比べてチャンスも高い傾向にあると言えるでしょう。

SBI証券とSBI FXトレードの違いは?

SBI証券の口座を開設していても、SBI FXトレードを利用できるわけではなく、別途口座の開設が必要になります。なぜならばSBI証券とSBIFXは、同じグループ企業ではありますが、会社自体は別々だからです。

例えばSBIFXトレードはFX専門の会社で、スプレッドなど安く設定されているものの、FX以外の金融商品は扱っていません。FXを有利にしたいのであればSBIFXトレード、株や投資信託を行いたいのであればSBI証券というイメージです。

SBI証券とSBIネオモバイル証券の違いは?

SBI証券の口座を開設していても、SBIネオモバイルを利用できるわけではありません。理由としては、SBI証券とSBIネオモバイルは、同じグループ企業ではありますが、会社自体は別々だからです。

実際に、SBI証券では投資の購入時にTポイントが付きますが、ネオモバでは国内株式の買付時に付きます。似ているようでサービスが全く異なるため、間違えないよう注意しましょう。

 

SBI証券の評判は良い!ネット証券の中でも口座開設数No1

SBI証券の評判は良い!ネット証券の中でも口座開設数No1
SBI証券の評判は全体的に良く、口座開設数ネット証券NO1の総合力を多くの投資家が評価していました。下記のような特徴は、投資を始めたばかりの初心者にも好評を得ています。

  • 手数料が低く無料になることもある
  • IPO取り扱い数はネット証券トップクラス
  • 外国株の取り扱いも豊富
  • Tポイントが使えて貯まる
  • つみたてNISAやiDeCoなどのサービスも充実

SBI証券は手数料がネット証券最安値であるだけでなく、IPOの取り扱いについては群を抜いて充実。米国株の自動定期買い付けができるので、少ない手間で米国ETFに挑戦したい方にも最適です。

また、つみたてNISAやテーマ投資やCFDなど商品が豊富に取り揃えられている点もメリットだと言えます。

「投資」「ネット」という2つのワードで「怪しくないか心配…」という方もいるかもしれません。しかしSBI証券ならネット証券大手で実績もありますので、初心者でも安心して始められるでしょう。

SBI証券の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました